ラッキークラフト・RTOのインプレ!使い方やおすすめカラーも紹介

バス釣りのクランクベイトの元となったルアーのラッキークラフト・RTO。

数多くあるラウンドクランクの元祖的存在で、今でも根強い人気があります。

そんな元祖クランクベイトのRTOのインプレを今回は紹介していきます!

 

 

 

 

RTOとは

元々はレジェンドプロのリッククラウンの名前をもとにしたRCというクランクでしたが、リッククランと師弟関係にある大森貴洋プロが受け継ぎRTO(リスペクト・タカヒロ・オオモリ)となりました。

大森プロは2018年のBASSマスター・エリート、レイクマーチン戦ではラトルインのLC1.5DRSで4日間同じスポットでひたすら釣り続け初日トップから1歩も譲らず完全優勝するという奇跡の様な功績を遂げています。

 

 

 

 

RTOのラインナップ

サイズは9種類、タイプはノーマルの他DD、XDと潜行度も3種類ありますが、基本的にお店に並んでいるものはノーマルタイプの1.5、1.0、0.7が多いです。

オリジナルサイズであるRTO1.5のスペックは下のようになってます。

  • 長さ 60mm
  • 重さ 1/2oz class (12g前後)
  • リップ スクエアビル
  • フック 前後#4

クランクベイトとしても王道のスタンダードサイズでサイレント仕様です。

 

 

 

 

RTOのアクション

ラッキークラフト・RTO

浮力が強く、ウォブリングよりのアクションでブリブリと泳ぎます。

その割に引き心地はサラサラしていてハイピッチなので、リールを選ばず意図した速度で巻きやすい仕様です。

OSPのブリッツなど国産ルアーでよりハイピッチなモデルがありますが、ピッチが速ければ速いほど良いというわけではなく、ものに当たったときのもたつき加減や振動の強さが絶妙です。

 

 

 

 

RTOの使い方

オリジナルサイズのRTO1.5は日本のフィールドでは比較的“強め”のルアーパワーになると思います。

なので、クリアウォーターよりも濁った状況の方が得意で、雨で濁りが入ったリザーバーで大活躍します。

また、固定重心ながら飛行姿勢も安定していて、風が強い時でも投げやすいです。

 

一定の速度で巻き、杭やゴロタ石など物に当ててリアクションバイトを狙ったり、ストップアンドゴーや中層を高速で巻いて釣ったりと様々な使い方が可能です。

プレッシャーがかかっているフィールドではRTO1.0や0.7にダウンサイジングするのも効果的です。

 

 

 

 

おすすめカラーと使い分け

シャッド系(TOシャッド)、チャート系(TOチャート)、フラッシング系(BPゴールデンシャイナー)の1色ずつあればほとんどの状況に対応できます。

曇りやマズメ時の光量が少ない時はフラッシング系、水が濁っているときはTOチャート、水がクリアアップしている時やプレッシャーをかけたくない時はTOシャッドを使ってみてください。

また限定的ですが、春先の笹濁りの状況ではTOクローなどの赤(ザリガニカラー)が効きます。

 

 

 

 

見た目は同じだけどモデルが異なる?

サイズだけでなく派生モデルも複数あることから、このクランクベイトの完成度高さがうかがえます。

見た目だけでは何が違うかわかりにくいので簡単にまとめます。

LC・・・RC後継品のベースモデル、ウェイト配置は鉛ウエイト2か所。日本では未流動。

LC RTO・・・LCベースで大森貴洋プロシグネイチャーモデル。タングステンウェイト1か所(ウェイトの体積の差でボディ内部の空気が多い=より浮力が強い)

LC MTO・・・鈴木美津男プロシグネイチャーモデル。ボーン素材でできておりレスポンスと対カバー性能がアップ。

 

 

 

 

さいごに

複雑な経緯を持つRTOですが、確かな実績のあるクランクなので使ったことがない方は是非使ってみてください。

クランクを語る上では欠かせないルアーなので、クランクをこれから極めようと考えている方には特におすすめです。

RTOを使いこんでバス釣りのクランクをマスターしてみてください!

 

 

created by Rinker
ラッキークラフト(LUCKY CRAFT)
¥1,539 (2021/08/01 19:37:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

バス釣りルアーおすすめ厳選!初心者にもおすすめの最強ルアーはこれだ!