大隅半島のシーバスポイント紹介!釣り方も解説付き

九州のなかでもシーバスの魚影が濃いことで知られる鹿児島。

その鹿児島の中でもシーバスの人気ポイントとなっているのが大隅半島です。

そんなシーバスが良く釣れる大隅半島のポイントを今回は紹介したいと思います!

 

 

 

 

肝属川河口


大隅半島中部を流れる一級河川である肝属川河口。

シーバスの魚影が濃くランカーシーバスはもちろん、メーターオーバーのシーバスも上がっています。

肝属川の特徴として、河口域は全体的に水深が浅く、底は基本砂地になっています。

ここでのベイトはボラがメインになりますが、時期によっては一定のベイトを偏食しているシーバスもいます。

春はバチ抜けや稚鮎につくシーバスが多く、夏はヒイラギ、秋は落ち鮎やコノシロなどにつきます。こういった特定のベイトについているシーバスは活性が高いことが多く、パターンさえ見つければ爆釣することもあります。

 

 

 

 

肝属川河口のシーバスの釣り方

釣り方としては、ナイトゲーム(夜釣り)での釣りが基本となってきます。

また潮の動きが重要で、干潮2時間前が最もシーバスがよく釣れる時間帯になります。

川の流れと引き潮の流れが合わさって、流れがかなり早くなるので上流のベイトが流されてくるためです。

この瞬間にシーバスの捕食スイッチが入り、活発にベイトを追うようになります。

特に大潮や中潮など潮の動きが大きい潮周りの時がよく釣れます。

 

 

 

 

肝属川河口のおすすめルアー

肝属川で釣れたシーバス

ここでのおすすめルアーはシンキングペンシルとバイブレーションになります。

シンキングペンシルの特徴として、リップがないので水面直下をゆっくり引いて来ることができます。

また、川の流れを利用したドリフトなどのテクニックも有効です。

イメージとしては、上流から流されてきた弱ったベイトのようにルアーを使います。

 

 

 

created by Rinker
ヤマシタ(YAMASHITA)
¥1,611 (2021/08/01 16:46:26時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめのシンキングペンシルは、マリアのブルースコードです。

値段もお手頃で、よく飛ぶので使いやすいです。

カラーはチャート系がよく釣れます。

 

シーバス用シンキングペンシルおすすめ紹介!アクション・使い方も解説

 

 

created by Rinker
バスデイ(Bassday)
¥1,535 (2021/08/01 11:20:12時点 Amazon調べ-詳細)

次にバイブレーションですが、シンキングペンシルよりも飛距離を出しやすく、表層から底まで幅広いレンジを探ることができます。

使い方としてはリフト&フォールで、弱った小魚が浮いたり沈んだりしているように使います。

おすすめのバイブレーションは、バスデイ・レンジバイブのコノシロカラーです

他のバイブレーションでは全く釣れない時でも、レンジバイブだけは釣れるなんてこともよくあります。

 

シーバスバイブレーションおすすめ厳選!カラーや重さの選び方も解説

 

 

波見港

波見港は先程紹介した肝属川河口の左に位置する漁港です。

右側には長い堤防があり、左側には対岸にある石油備蓄基地への橋があります。

また、橋の向こう側にはサーフが続いています。

港内の水深は全体的に浅く、底は砂地になっています。

対岸沖にある石油備蓄基地のおかげで、波が穏やかで釣りがしやすいので初心者の方にもおすすめです。

 

 

 

 

波見港のシーバスの釣り方

ここでのベイトはボラやヒイラギ、コアジなどです。

特に夏はコアジがよく接岸するポイントなので、それを追ってシーバスも入ってきます。

ただ、時期によってはハクやアミなどの極小ベイトを偏食している時があるため、そういったシーバスはなかなか普通のルアーで釣る事は難しいです。

釣り方としては、ナイトゲームでの常夜灯周りの明暗狙いや橋脚打ちが基本となっています。

潮のタイミングとしては、満ち潮にのってベイトが港内に入ってくるので、満潮前後がよく釣れます。

 

 

 

 

波見港のおすすめのルアー

おすすめのルアーはシンキングミノーとワームです。

シンキングミノーの使い方としては、常夜灯の明暗の境目を弱った小魚がふらふら泳ぐように使います。

また、橋脚周りでは橋脚のヨレについたシーバスをドリフトなどのテクニックを使って狙います。

おすすめのシンキングミノーはシマノのサイレントアサシンです。カラーはコットンキャンディがおすすめ。

 

シーバスミノーおすすめ12選!サイズやカラーの選び方から使い方まで解説

 

 

created by Rinker
エコギア(Ecogear)
¥660 (2021/08/01 16:46:27時点 Amazon調べ-詳細)

次にワームですが、その柔らかさを活かしてハード系のルアーよりナチュラルにシーバスにアピールできます。

その反面、アピール力が弱いので広範囲へのアピールは苦手です。

このポイントの様に、橋脚周りや常夜灯の明暗など、シーバスがいる場所がある程度絞られている時に使います。

他にも、シーバスの活性が低い時やハクやアミなどの極小ベイトを偏食している時にも効果的です。

ワームの使い方としては、スローリトリーブやリフト&フォールで使います。

竿を立て、水面下をフラフラと泳ぐ小魚の様にワームを泳がせます。

おすすめのワームはエコギアのグラスミノーです。カラーはパールホワイトがおすすめ。

 

シーバスワームおすすめ紹介!カラーの選び方からアクションの付け方まで解説

 

 

本城川河口

垂水新港の右に位置する本城川の河口域になります。

フェリー乗り場側に長い堤防があり、そこから釣りをすることができます。

足場も良く釣りがしやすいですが、夜は常夜灯などが少ないため、ヘッドライトが必要になります。

メータークラスのシーバスも定期的にあがっています。

 

 

 

 

本城川河口のシーバスの釣り方

本城川河口側は全体的にかなり水深が浅く、底は砂地になっています。

反対にフェリー乗り場側はある程度水深があります。

シーバスを狙う際は、本城川河口側で釣ります。

 

本城川の最河口部にはカケアガリがあり、シーバスの回遊ルートになっています。

ここでのベイトはボラがメインになっています。

時期によってはバチやハク、キスなども捕食しています。

釣り方としては、ナイトゲームでの釣りが基本になります。

満ち潮にのってベイトが川の中に入ってくるので満潮前後がよく釣れます。

干潮時にはかなり水深が浅くなるので居付きのシーバスは少なく、回遊狙いになります。

 

 

 

 

本城川河口のおすすめルアー

created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥701 (2021/08/01 16:46:28時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめのルアーは、メタルバイブレーションとメタルジグです。

メタルバイブレーションの特徴として、普通のバイブレーションに比べて飛距離が出しやすくアピール力も強くなります。

使い方としては、早巻きやリフト&フォールで最河口部のカケアガリを狙っていきます。

おすすめのメタルバイブレーションはジャクソンのテッパンバイブです。

他のメタルバイブレーションの半額程度の値段で買え、しっかりキビキビとアクションしてくれるのでよく釣れます。

 

 

 

 

created by Rinker
マリア
¥616 (2021/08/01 16:46:28時点 Amazon調べ-詳細)

次にメタルジグですが、特徴はなんといってもその遠投力です。

他のルアーでは届かないポイントもメタルジグなら狙うことができます。

使い方としては、キャスト後底を取ってから使います。

ワンピッチジャークやジャカ巻きなどがおすすめです。

特にシーバスの活性が高い時は遠投からのジャカ巻きが効率よくシーバスを探っていくことができます。

おすすめのメタルジグは巻きでもフォールでも良く釣れるマリアのムーチョルチアです。

カラーはリアルカラー系が反応が良いのでおすすめ。

 

シーバスメタルジグおすすめ紹介!アクションの付け方も解説

 

 

さいごに

今回は大隅半島のシーバスポイントを3つ紹介しましたが、どのポイントもランカーサイズの実績がありシーバスの魚影も濃いためシーバス初心者にもおすすめです。

時間帯や潮などを確認していけば釣果もでやすいので、大隅半島に釣りに来るときは事前に確認してから来てみてください。

ナイトゲームをする際はライフジャケットをつけて安全に釣りを楽しみましょう!

 

 

シーバスリールおすすめ紹介!ダイワ・シマノから厳選【2021年最新版】 シーバスルアーおすすめ一軍厳選!初心者向けの安いルアーも紹介(2021年最新版)