平戸釣りポイント紹介!初心者にもおすすめの定番釣り場まとめ

九州内でも屈指の魚影を誇り、釣りの聖地として知られる平戸。

橋を渡っていける身近な釣り場で、島全体が釣りスポットなので休日になると多くの釣り人が九州内から集まります。

釣れる魚種も豊富で釣果も手堅いことから、釣り初心者から上級者まで幅広く楽しむことができます。

そんな魅力的な釣りスポット平戸の定番ポイントをまとめて紹介していきます!

 

 

ファミリーフィッシング

平戸大橋手前にある田平港は、ファミリーフィッシングで人気のある釣り場です。

堤防からサビキ釣りでアジなどの小魚がよく釣れるので、休日は家族連れで釣りをしている人も多い場所です。

メインの釣り場は長い堤防ですが、中央部分から先はフェンスがあり立ち入り禁止なので、それより手前で釣ることになります。

病院前にある短い波止も割と釣れるので、長い堤防が人が多いときはそちらで釣るのもおすすめです。

駐車場から少し歩く必要はありますが、近くにトイレやお店もあるので子供や女性と一緒でも安心です。

 

 

 

 

田平港の少し奥にある野田港もファミリーフィッシングにおすすめの釣り場です。

港内に堤防が2つあり、どちらもサビキ釣りでアジやメバルなどの小魚が釣れるので家族での釣りに向いています。

堤防が長いので釣り場も多く、人が多い時でも釣り場の確保には困りません。

近くに駐車場はあるもののトイレがないので、釣りに来る前にコンビニなどで済ませておく必要があります。

サムソンホテルの近くにあるので、旅行のついでに短時間釣りをするのにも向いています。

 

 

 

 

平戸大橋を渡ってすぐに行けるうしろびら漁港は、小さな漁港ながら魚の魚影が濃いことで知られる人気の釣りスポットです。

潮通しが良く水深もあるので様々な魚が回遊し、アジやメバルなどの小魚に加え、イカや青物などもよく上がっています。

底が砂地なので夏場などは投げ釣りでキスも狙え、ファミリーフィッシングに最適な場所です。

広い駐車場に仮設トイレもあるので、子供や女性と一緒でも安心して釣りができます。

 

 

 

 

平戸大橋を渡ってしばらく車を走らせたところにある川内港も平戸では定番のファミリーフィッシングスポットです。

アジやメバルなど小魚の魚影が濃いことで知られている釣り場で、サビキ釣りで安定して魚を釣ることができます。

ちょい投げではキスもよく釣れることから、キス釣りポイントとしても昔から人気があります。

足場がよく車を横付けして釣りができ、近くにコンビニもあることから釣り場の環境は整っていると感じます。

常夜灯も付いているので、夏場などは涼しい夜中に釣りをするのもおすすめです。

 

平戸アジングポイントまとめ!川内港・福良漁港・宮ノ浦漁港など

 

 

キス釣り

平戸の宝亀港は良型のキスが釣れることで知られる釣りスポットです。

堤防から投げ釣りでキスを狙うことができ、夏のキス釣りシーズンには20センチ後半の良型サイズがよく上がります。

特に夜釣りではサイズが狙いやすく、30センチを超える尺ギスも釣ることができます。

人が少ないのでゆっくり釣りが楽しめる穴場的な釣り場です。

 

 

 

 

根獅子港は根獅子海水浴場の隣にある海が綺麗な釣りスポットです。

漁港周辺に砂地の場所が多いのでキス釣りにちょうど良く、夏のキス釣りシーズンになると釣果もよく上がっています。

近くに砂浜が広がっているので釣り場は多く、海水浴シーズン以外はランガンしながら釣りができます。

海水浴場の近くには駐車場とトイレもあるので安心して釣りを楽しめます。

 

 

 

 

イカ

平戸のイカといえば、半元の波止で有名な下中野漁港が人気です。

潮通しのいい場所に漁港があるためアオリイカの魚影が濃く、堤防には多くのスミ跡が残っておりポテンシャルの高さが伺えます。

イカ釣りシーズンには多くの釣り人が訪れ、春はキロアップの良型イカ、秋はイカの数釣りを楽しむことができます。

基本的には波止の外側を釣りますが、人が多かったり風が強い時などは内側でイカを釣るのもおすすめです。

平戸には良いイカ釣りスポットが多くあるので、釣れないときはいろいろなポイントをランガンしていくと釣果も手堅いです。

 

平戸エギングポイント紹介!おすすめ釣り場をまとめました

 

 

青物

平戸で堤防から青物を狙うなら実績の高い舘浦漁港がおすすめです。

生月の入り口付近にあるこの漁港は潮通しが良いため青物の回遊も多く、秋になるとシイラと青物がよく釣れるようになります。

メインの北堤防は人気ポイントなので人が多く場所取りは大変ですが、青物の期待値も高いので早い時間に行って場所を確保するのがおすすめです。

南堤防は北堤防と比べて短いので釣り場は少ないですが、こちらも青物は釣れるので北堤防に入れないときはこちら側で釣りましょう。

釣り場近くに駐車場、トイレ、コンビニがあるので釣り場の環境は整っています。

 

 

 

 

生月島の先端にある大バエの地磯は、ブリやヒラマサなどの青物、ヒラスズキや根魚などいろいろな魚が釣れることで人気の釣り場です。

潮通しがいいので青物の回遊も多く、秋の青物シーズンには良型サイズの釣果もよく上がります。

磯の西側が水深が10m以上と深くなっているので釣りがしやすく、青物を狙うなら西側をメインに狙うのがおすすめです。

釣り場までは駐車場から草むらの中を降りていくとたどり着き、他のポイントと比べても安全なルートで行くことができます。

地磯は漁港などと比べて危険な釣り場なので、ライフジャケットと磯履は必ずつけておきましょう。

 

安いライフジャケットおすすめ厳選!桜マークや腰巻タイプも紹介

 

 

シイラ

平戸は堤防からシイラが釣れる場所として有名ですが、中でもシイラ釣りの定番スポットとなっているのが白浜港です。

秋になるとタチウオなどのベイトを追ってシイラが堤防近くまで回遊し、足場の良い堤防から安全に狙うことができます。

シイラの群れが堤防に近づいて来た時にみんなで一斉にキャストして、近くの人がシイラをかけたら仕掛けを回収してサポートに回ったりと協力しながらシイラを釣り上げていきます。

周りの人とラインが被ったりすることも多いですが、ローカルルールのPE4号以上リーダー80lb以上を守っておけば仕掛けが切れることも少ないので、トラブルが無いように釣りを楽しみましょう。

 

 

 

 

根魚

平戸は漁港や地磯などどこからでも根魚は狙えますが、特に宮之浦はロックフィッシュに定評のある釣り場です。

丸銀釣りセンターから瀬渡し船で沖磯に行くことができ、近くの磯から五島の磯までいろいろ釣ることができます。

その磯の中でも割と近い阿値賀島は短時間で行くことができ、料金も5500円と手頃なので初めての方にもおすすめです。

メディアにも出るような人気の場所ですが、キジハタやアカハタなどの根魚がよく釣れており釣果も安定しているので楽しく釣りができます。

 

 

 

 

さいごに

平戸は釣りの聖地と呼ばれるだけあって魚影の濃さも魚のクオリティも最高で、釣りをするのにこれほどいい場所はありません。

釣れる魚の種類も豊富なので釣り方を変えれば色々な魚を狙えるのも平戸の魅力だと思います。

今回紹介した釣り場は平戸でも定番の場所ばかりなので、初めて平戸に釣りに行く際は参考にしてみてください!

 

 

初心者におすすめの安い釣り竿はこれだ!コスパ抜群のものを厳選 釣り初心者におすすめのコスパ最強リールを紹介!安くて使えるリールはこれだ 釣り初心者におすすめの道具をまとめて紹介!便利グッズもあるよ 安いライフジャケットおすすめ厳選!桜マークや腰巻タイプも紹介 佐賀県の釣りスポット紹介!初心者にもおすすめの釣り場はここだ