春のシーバスにおすすめのルアーを紹介!コンパクトなルアーで春シーバスを攻略

水温が上がってシーバスの活性も徐々に高くなってくる季節の春。

春はベイトのサイズが小さくシーバスの活性も完全には上がり切っていないので、コンパクトなルアーをスローに使うのが釣果を伸ばすカギとなります。

そこでこの記事では、春のシーバスを攻略するのにおすすめのルアーをまとめて紹介していきます!

 

 

ダイワ ミニエント

春はベイトのサイズが小さいためバイブレーションも小型のものをメインに使っていきます。

ダイワのミニエントは定番の小型バイブレーションで、コンパクトなサイズで扱いやすくシーバスもよく釣れるおすすめのルアーです。

一口サイズのシルエットで春先のベイトサイズにマッチしており、スレたシーバスにも口を使わせることができます。

春から夏に出番が多くただ巻きだけでよく釣れるので、初心者の方はひとつ持っておくといろいろ活躍してくれます。

 

 

 

 

バスデイ レンジバイブ

created by Rinker
バスデイ(Bassday)
¥1,466 (2022/05/19 14:38:56時点 Amazon調べ-詳細)

シーバスの王道バイブレーション、バスデイ・レンジバイブ。

ナチュラルなアクションでアピールするのでシーバスも口を使いやすく、スレにも強いので場所を選ばず多くのポイントで活躍してくれます。

春先はベイトに合わせて45mmや55mmサイズを使うとシーバスの反応もよくなるので釣果も伸びやすいです。

実績抜群のルアーなので、とにかくシーバスを釣ろうと思ったらレンジバイブを使うのがおすすめです。

 

 

 

 

ブルーブルー ナレージ

人気シーバスメーカーのブルーブルーから出ているナレージは、リップがついた新しいタイプのバイブレーションです。

リップが付いているおかげで障害物に強く、根掛かりしにくいので快適に巻いて使えるバイブレーションです。

引き抵抗がしっかりしているのでどこを泳いでいるのか分かりやすく、ゆっくり巻いてもしっかりアピールしてくれるので春先のシーバスを狙うのに向いています。

根掛かりしにくいバイブレーションは貴重なので、ひとつ持っておくと難しいポイントも攻略することができます。

 

シーバスバイブレーションおすすめ厳選!カラーや重さの選び方も解説

 

 

DUO マニック

created by Rinker
DUO(デュオ)
¥1,648 (2022/05/20 10:24:49時点 Amazon調べ-詳細)

春のシーバスで人気のあるバチ抜けパターンは、状況が良ければシーバスが連発することも多い釣果に期待できるパターンです。

産卵を終えたシーバスが体力を回復するためにゴカイやイソメなどを活発に捕食し、ルアーへの反応も良いため一晩で2桁釣果も珍しくありません。

DUOのマニックはバチパターン定番のシンキングペンシルで、バチルアーの中でも飛距離が出やすく広範囲に探れるので釣果も伸びやすいです。

ゆっくり巻いてもわずかにお尻を振りながらアクションしてくれるのでナイトゲームでスローに巻いて使ってみてください。

 

 

 

 

ガイア エリア10

created by Rinker
GAIA(ガイア)
¥1,039 (2022/05/20 07:59:57時点 Amazon調べ-詳細)

ガイアのエリア10もバチパターンでよく使われる定番ルアーです。

バチ抜けで使う場合は、表層付近をゆっくり巻くと控えめなアクションでシーバスに口を使わせます。

コスパが非常によく、バチルアーでは誰もが知るルアーなのでひとつもっておくのがおすすめです。

 

ガイア エリア10のインプレ!おすすめカラーやフックサイズも解説付き

 

 

メガバス X70

created by Rinker
メガバス(Megabass)
¥1,650 (2022/05/19 12:12:52時点 Amazon調べ-詳細)

春先の稚鮎を狙うシーバスを釣るのに小型ミノーがあると攻略しやすいです。

メガバスのX70はアユのシルエットにそっくりな小型ミノーで、見た目がリアルなのでシーバスの反応も良くデイゲームのスレたシーバスでも関係なく釣ることができます。

ロール主体のハイピッチなアクションをするのでアピール力控えめで、小場所のプレッシャーのかかった場所で使うのに向いています。

流れ込みなどはシーバスが遡上するアユを待ってることが多いので、そのような場所を見つけたらX70を使ってみてください。

 

 

 

 

アイマ サスケSF75

created by Rinker
アムズデザイン(ima)
¥1,531 (2022/05/19 12:12:53時点 Amazon調べ-詳細)

アイマのサスケもシーバス定番のルアーですが、春先はサイズの小さい75mmサイズがよく使われます。

バチ抜けや稚鮎パターンで使われるので春先は活躍の機会も多く、これひとつあればデイゲームとナイトゲームの両方でシーバスを釣ることができます。

コンパクトなサイズながら飛距離も出るので広いポイントでも使うことができ、小場所からオープンエリアまで幅広く狙えます。

アイマのサスケはシーバスでは誰もが知るルアーなので、持ってない方はひとつ持っておくのがおすすめです。

 

 

 

 

タックルハウス ローリングベイト

春の稚鮎パターンではタックルハウスのローリングベイトもよく使われます。

名前の通りローリングでナチュラルなアピールをするのでスレにも強く、プレッシャーのかかったデイゲームでも活躍してくれる優秀なルアーです。

春はベイトのサイズに合わせて55mmや66mmサイズが使われることが多く、パターンにハマれば連発することもあるので欠かさずに持っておきたいところです。

基本的にはただ巻きだけで釣れますが、巻くスピードによって反応が変わってくるのでうまく調節しながら使ってみてください。

 

 

 

 

コアマン パワーブレード

春先のベイトが小さい時期にはスピンテールジグもかなり効果的です。

ルアーのサイズがコンパクトなのでベイトのサイズとマッチしており、ブレードがキラキラとフラッシングするのでシーバスも小魚と間違えてバイトしてきます。

シーバスが小魚を追い回している状況ではスピンテールがハマることもあるので、持っておけば心強い味方になってくれます。

スピンテールの中でもコアマンのパワーブレードはシルエットがコンパクトで使いやすいので、春用のスピンテールとして最適です。

 

シーバス用スピンテールジグおすすめ紹介!使い方も解説付き

 

 

さいごに

春先の小さなベイトを食べるシーバスを攻略するにはコンパクトなルアーをメインに使うのがおすすめです。

産卵を終えたアフターのシーバスは体力がまだ回復してない個体も多いため、スローな展開を心がけると釣果も伸びできます。

水温が上がってきてベイトも多くなる春はシーバスの釣果も安定してくるので、春用のルアーを揃えて釣果アップを目指しましょう!

 

 

夏のシーバスにおすすめのルアーを紹介!実績のルアーでベストシーズンを攻略 コスパ最強シーバスロッド厳選!初心者におすすめのロッドはこれだ コスパ最強シーバスリール厳選!初心者にもおすすめの安いリールはこれ【2022年最新版】 シーバスルアー一軍激選!初心者向けの安いルアーも紹介(2022年最新版) シーバス初心者が揃えるべき道具一式を紹介! シーバスが釣れない理由はなぜ?原因を知って釣果アップを目指そう!