熊本県のバス釣りポイントまとめ!おすすめの人気釣り場を紹介

熊本でバス釣りをはじめたいけど、どこに行けばバスが釣れるか分からないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

私もバス釣りを始めた当時は、釣れる場所が全く分からずいろんな場所に行ってみては丸坊主を喰らうことも多かったです。

しかし、バス釣りを続けていくうちにどこに行けばバスが釣れるか自分なりに分かってきました。

そこで今回は、熊本での長いバス釣り経験を活かして、バスが良く釣れるおすすめの場所やリグ(仕掛け)を紹介していきます!

 

 

江津湖

熊本の定番バス釣りポイントとなっている江津湖は上江津湖と下江津湖に分かれています。

上江津湖は昔と比べると魚影が薄くなっており、バスを釣り上げるのは少し難しくなった印象です。

その上江津湖のおすすめポイントは斎藤橋の下です。

ここはウィード(水草)が多く、バスの格好の隠れ家となります。

バスの泳いでる姿はあまり見れないですが、ウィードの中に隠れており、目の前を通るルアーに食いつくイメージです。

ウィード周りは根がかりが多いため、スピナーベイトやシャッド系のワームのノーシンカーリグがおすすめです。

私も過去にはこのポイントでスピナーベイトを使って50センチに近いバスが釣れた経験もあります。

 

スピナーベイトおすすめ紹介!重さやカラーの選び方、使い方も解説付き

 

 

次に下江津湖ですが、ここはバスの魚影が非常に多く、オールシーズンでバスを狙う事が出来ます。

夏になるとバスが浮いているのが多数散見される為、ほとんどの場所でサイトフィッシングをすることができます。

特に良いポイントをあげるとすれば江津橋の下、熊本市動植物園の真後ろになるボートのスロープ付近、江津橋手前のワンド(ちょっとした湾)です。

基本的に下江津湖は魚影が濃く、釣りやすい場所が多いためどの場所でもバスを釣ることができます。

おすすめの仕掛けとしてはウィードレス性能の高いシャッド系やグラブ、クロー系のワームのノーシンカー、テキサスリグ、キャロライナリグがおすすめです。

ハードベイトだとスピナーベイトやチャターベイトなどがおすすめです。

基本的にどのポイントもウィードが多く、上江津湖程ではないですが根がかりが多い場所であるため、ウィードレス性能(根がかりを回避できるタイプ)の高いルアーを中心にセレクトするのが基本になります。

上江津湖も下江津湖も湧水で出来ている湖なので年中水温が安定しており、狙おうと思えば冬でもトップウォーターゲームを楽しむことができます。

 

チャターベイトおすすめ紹介!カラー選びや使い方も解説

 

 

立岡池

立岡池も熊本県内ではかなり有名な野池です。

有名ポイントだけあってバスは結構スレており、釣り上げるには少し難易度の高い野池となってます。

立岡池ではリアクションバイトを狙うために、バイブレーションやチャターベイト、クランクなどを速巻きして使うのがおすすめです。

冬は基本的にメタルバイブのリフトアンドフォールでの釣りになります。

バスの魚影は薄めで人も多いですがここで釣ることができればバス釣りのテクニックもかなり上がるので、難しい釣り場に挑戦したいという人にはおすすめです。

 

バス釣りバイブレーションおすすめ厳選!使い方も解説付き

 

 

萩尾溜池

ここも県内ではかなり有名なバス釣りポイントと言えます。

結構水深があり、且つバス自体もスレている為、立岡池同様に少々バスを釣るのが難しいポイントですが、50アップのランカーサイズのバスがいる為、サイズを狙うには良い場所です。

岸際には子バスやブルーギルがたくさんいるので、サイズを問わなければ初心者でもバスが釣りやすいポイントでもあります。

萩尾溜池でのおすすめのルアーは、バイブレーションやスピナーベイトなど巻物でテンポよく探っていくのがおすすめです。

冬場はメタルバイブでリアクションバイトを狙うのがこの場所ではかなり有効です。

ワームを使ってもサイズ問わず良く釣れますが、ここはブルーギルの生息数も多い為、ワームのストックはかなり準備をした方がいいです。

萩尾溜池でバスを釣ろうと思ったら春から秋の釣りやすい時期に行ってみてください。

 

バス釣り最強ワームおすすめ厳選!初心者にも人気のワームをまとめて紹介

 

 

加勢川

ここは下江津湖と繋がっており、下江津湖同様にバスの魚影が濃いポイントとなっています。

水質がクリアな為、サイトフィッシングが楽しめるのも加勢川の醍醐味です。

加勢川はボートに乗りバス釣りをしている光景が良く見られますが、オカッパリからでも十分楽しむ事が出来ます。

下江津湖と繋がっている為、他の釣り場に比べるとこちらも水温が安定しており、冬場でも安定してバスを釣ることが可能です。

ランカーサイズが上がる事でも有名なので、大きめのルアーでバスを狙ってみるのも非常に面白いです。

ストラクチャー(障害物)が多く、根がかりしやすいことを考えると、スピナーベイトなどの根掛かりしにくいルアーを使うのがおすすめです。

ワームを使うのであればストラクチャー周りに着いたバスを、テキサスリグなど根掛かりしにくいリグで狙うのがおすすめです。

陸っぱりでも遠投せずに狙えるポイントがたくさんあるため、丁寧に探る事で数釣りも楽しめる場所です。

 

 

 

 

浜戸川

浜戸川は加勢川と比べて川幅が狭いため、攻略しやすいのが特徴です。

バスのストックも多く、熊本県内でもおすすめの場所です。

釣れるポイントとしては、いくつかの場所に堰堤があり、その落ち込みは1級のポイントです。

必ずと言っていいほどバスが居着いている為、浜戸川に行った際には是非とも堰堤や、水門等を丁寧に探って欲しいです。

堰堤には入れなかった場合は岸沿を丁寧に探る事で、バスの釣果が得られる可能性が高いです。

藪漕ぎが必要になることも多いですが、その分フレッシュなバスに出会うことができるので釣果が出やすいです。

水質はマッドな場所が多いため、スピナーベイト、チャターベイト、シャッド系のワームで巻物メインの釣りでテンポ良く攻略する事をおすすめします。

アグレッシブなバスも多いため、ビッグベイトでランカーサイズのバスを狙うことも可能です。

 

 

 

 

さいごに

今回は熊本の定番バス釣りポイントを紹介しましたが、釣り場選びに迷っている方は参考にしてみてください。

メジャーフィールドだけあって釣り人が多くプレッシャーは高めなので、自分だけの釣れるポイントを探してランガンしてみましょう!!

 

 

福岡県バス釣りポイント紹介!実績の高い釣り場をまとめました バス釣りルアーおすすめ厳選!初心者にもおすすめの最強ルアーはこれだ! コスパ最強バス釣りスピニングロッド厳選!初心者にもおすすめの安いロッドはこれだ コスパ最強バス釣りスピニングリール紹介(2021年最新)初心者にもおすすめの安いリールはこれだ