熊本ヤマメ渓流釣り調査!菊池川でネイティブトラウトゲーム

ヤマメ釣りの名河川が多く、現在も数多くの漁協がヤマメをしっかり放流している熊本県。

九州の渓流釣りといえば熊本と言う人も多く、私もヤマメ釣りをするときは福岡から熊本まで通うことも多いです。

最近は熊本のヤマメ情報を見ることが少なかったので、アップデートするために再度調査してみます。

 

 

熊本のヤマメ釣り場一覧

熊本の漁協が管理する河川を調べてみましたが、現在は7つ存在しています。

どこの河川もヤマメをちゃんと放流しているので、県全体でみるとかなりの数の放流量になります。

水系別のヤマメの放流量も調べ直したのでまとめてみます。

 

菊池川水系

熊本の菊池にある渓流釣りスポットの菊池川水系。

菊池川漁協が管理しており、ヤマメの稚魚2万匹を放流しています。

熊本の河川ですが福岡からも近いということもあり、福岡からの釣り人も多い印象です。

遊漁券は日券500円、年間2000円とコスパ抜群。

 

 

筑後川水系(小国町)

熊本の小国町を流れる筑後川水系の河川でもヤマメ釣りをすることができます。

筑後川と言っても釣りをするのはかなり上流なので川の規模は小さく、非常に釣りがしやすい環境です。

放流量は多くありませんが成魚放流なので、良い型のヤマメが釣れます。

遊漁券は日券1000円、年券3000円と安めの価格設定。

 

 

白川水系

熊本の阿蘇を流れる白川上流もヤマメ釣りでは人気のポイントです。

放流量は多くは無いものの、綺麗な銀毛ヤマメが釣れることで知られ昔から根強い人気があります。

熊本市内から近いということもありアクセスが良く、短時間の釣行にも向いています。

遊漁券は日券200円、年券1500円とかなりコスパ良し。

 

 

緑川水系

熊本の山都町を流れる緑川上流もヤマメ釣り定番のポイントです。

ヤマメの稚魚36000匹が放流されているので魚影が濃く、他の河川と比べても釣果を上げやすい環境になってます。

上流の源流域は実績が高く釣り人も多いですが、林道が崩れており少し危険が伴います。

遊漁券は日券1000円、年券2500円と年券がお買い得。

 

 

球磨川水系

九州の中でも高い人気を誇る球磨川水系の渓流釣り。

水系全体で26万匹のヤマメを放流してあるためヤマメのストックが多く釣果に恵まれます。

しかし、最近の大雨の影響で河川全体が浅くなっており、攻略の難易度は高くなってます。

遊漁券は日券2000円年券6000円と高めなので年券を買って1シーズン通い尽くすのがおすすめです。

 

 

氷川水系

あまり有名どころではないですが、氷川の上流でもヤマメ釣りをすることができます。

ヤマメの放流は稚魚7000匹と少なめですが、釣り人も少ないので釣果は手堅い印象です。

遊漁券は日券1000円、年券4000円なので日釣り券で試し釣りするのもおすすめです。

 

 

槻木川(大淀川支流)

熊本の端の方を流れる大淀川支流の槻木川もヤマメが釣れるポイントです。

稚魚放流11000匹、成魚放流3000匹なのでヤマメの魚影もそこそこに、釣り人も少なめなのでゆっくりと渓流釣りを楽しむことができます。

遊漁券は日券1000円、年券4000円と買いやすい価格設定になってます。

 

 

 

 

熊本県でヤマメ釣り

今回は福岡からも割とすぐに行ける菊池川水系にやってまいりました。

菊池川渓谷より下流から釣り上がりますが、この辺は釣り人も多くプレッシャーが高めです。

水質もとてもクリアなので晴れてる日などはかなり厳しい釣りになりますが、幸い今日は曇っているのでチャンスです。

 

 

 

 

入ってすぐの場所に草で囲まれたとても良いポイントが出現。

プレッシャーの高い菊池川では体を隠せる草むらは好都合です。

身を潜めながらルアーをキャストしアクションをつけると一瞬だけ魚体がギラリと光りますがフッキングせず。

 

 

 

 

良いポイントが連続しているので気を抜かずに釣り上がります。

遠くから流れ込みを狙ってルアーをキャストしアクションをつけると魚の手応えあり。

 

 

 

 

まずまずサイズのヤマメです。

ヒレの状態を見るに成魚放流の個体です。

 

 

 

 

朝は厚くかかっていた雲が無くなり日が差すようになりました。

それと同時に魚からの反応も少なくなっていき一級ポイントでも無反応です。

 

 

 

 

場所を少し変え支流との合流点に入ってみます。

大物も充分期待できる場所なので、あとは釣る腕があるかどうか。

 

 

 

 

ルアーのコースを少しずつ変えながら釣っていると突然の良型ヤマメのバイト。

思わずビックリ合わせでヤマメを逃しました😢

 

 

 

 

上流も高ポイントが続きますが魚の活性は低く、ルアーとだいぶ距離を開けて追いかけてきます。

 

 

 

 

これ以上は釣れる気がしないので今日は撤退です。

朝のうちに一本でもヤマメが釣れて良かったです😊

 

 

 

 

さいごに

熊本のヤマメ釣り情報をまとめてみて、ヤマメの放流量が豊富なので地元福岡でヤマメを釣るより環境が整っていると感じました。

規模の大きな河川も多く、ルアーフィッシングが楽しめるのが熊本の魅力です。

釣行の方もヤマメを釣ることができたので良かったです😄

 

 

 

コスパ最強渓流ルアーロッドおすすめ12選!初心者向けの安いネイティブトラウトロッドはこれだ 渓流リールおすすめ12選!番手やギア比の選び方もまとめて解説! 渓流ルアーおすすめランキングTOP15!実績のあるルアーを厳選して紹介 渓流ルアー釣りのラインのおすすめ紹介!ナイロンとPEの違いも解説