福岡県シーバスポイントまとめ!定番の良く釣れるポイントを紹介

福岡でシーバスを始めたいけど釣れる場所がわからないという方も多いのではないでしょうか❓❓

僕もシーバスを初めてばかりのころはポイントが分からず、最初の一匹を釣るまでにとても苦労しました。

そんなシーバスビギナーの方に向けて、福岡でシーバスが釣れる定番ポイントをまとめて紹介したいと思います。

どのポイントもシーバスの実績ありなので、これから福岡でシーバスを始める方は参考にしてみてください‼️

 

 

 

御笠川

福岡のシーバスと言えば定番スポットの御笠川。

河口付近の橋や堤防には常夜灯が付いており夜になるとシーバスが良く釣れることから、ナイトゲームに定評があります。

橋脚周りのヨレや明暗にシーバスが付いているので、重点的に探ると釣果に結びつきやすいです。

いつ行っても釣れるというポイントではありませんが、手軽に短時間釣りを楽しめるポイントなので、時間を見つけて通ってみるのがおすすめです。

 

 

 

 

多々良川

御笠川と並んで人気のあるシーバスポイントの多々良川。

かもめ大橋付近にあるL字型の防波堤はシーバスが良く釣れるポイントで、シーズンに入ると多くのアングラーがシーバスを狙って釣りをしています。

ナイトゲームではかもめ大橋や名島橋など常夜灯で明るい場所が人気で、橋脚や明暗に着いたシーバスを狙うとこができます。

支流の宇美川もシーバスがよく上がっているので多々良川とセットで釣ってみるのがおすすめ。

 

 

 

 

博多沖防

箱崎ふ頭からはやと丸に乗って手軽に行ける博多シーバス定番ポイントの博多沖防。

シーバスの魚影が非常に濃く、ランカークラスもよく釣れている昔から人気のある釣りスポットです。

朝マズメはシーバスがボイルしていることも多くルアーの反応も良いので、シーバス初心者でも簡単にシーバスを釣ることができます。

特にバイブレーションには反応が良いのでいくつか用意しておくのがおすすめです。

朝マズメを逃さないためにも朝5時の第一便に乗っていきましょう。

 

 

 

 

糸島

福岡でも人気の釣り場として知られる糸島。

糸島の中でも加布里湾はシーバスの魚影が濃く、シーバスの釣果もよく上がっています。

夏になると接岸してきたベイトを追ってシーバスがボイルしていることも多いので、メタルジグを使って簡単に釣ることができます。

市内と比べて海の水が綺麗なので、釣れたシーバスを食べれるというところも嬉しいポイントです。

 

⇒糸島シーバスポイントをランガン!最後にヒラスズキをゲット

 

 

筑後川

福岡の中でシーバスのメジャーポイントとして知られる筑後川。

河川の規模が大きなだけにシーバスが釣れるポイントも多く、その日の状況にあったポイントをランガンすることができるので釣果も上がりやすいです。

有明海につながっているため釣れるシーバスのサイズもよく、ランカークラスもよく上がっています。

福岡県でシーバスを狙うなら筑後川は絶対に釣っておきたいフィールドです。

 

⇒佐賀の筑後川支流でリバーシーバスゲーム!

 

 

矢部川

筑後川の隣を流れる一級河川の矢部川。

川の規模がそこまで広くないので釣りがしやすく、釣り人も少ないので狙ったポイントに入りやすいです。

シーバスの反応も結構良く、比較的釣果も上がりやすいです。

筑後川でなかなかシーバスが釣れないときは矢部川で釣ってみるのもおすすめ。

 

 

 

 

諏訪川

大牟田の三池港あたりを流れる河川の諏訪川。

小さな川なので釣りがしやすく、気軽にシーバス釣りを楽しむことができます。

夜でも常夜灯が多く結構明るいので、ナイトゲームでシーバスを狙うのもおすすめ。

 

 

 

 

さいごに

今回は福岡県の定番シーバスポイントをいくつか紹介しましたが、どこも実績のある場所なので良い時期を狙って行ってみてください。

最初はシーバスがどうやったら釣れるか分からずに苦戦するかもしれませんが、釣り場に通っているうちにだんだん分かってくるので釣れるまで釣り場に通いましょう。

福岡以外にも九州にはシーバスが釣れるポイントが沢山あるので、近場で経験を積んだら遠征してみるのも良いですね‼️

 

 

 

佐賀シーバスポイントまとめ!おすすめの定番釣り場を紹介 シーバスリールおすすめ紹介!ダイワ・シマノから厳選【2021年最新版】 シーバスルアーおすすめ一軍厳選!初心者向けの安いルアーも紹介(2021年最新版)