糸島エギングポイント紹介!アオリイカが良く釣れるポイントまとめ

良い釣り場が多くイカも良く釣れることから人気のエギングスポットとなっている糸島。

エギングのメインターゲットとなるアオリイカの魚影が濃く、釣果も良く上がっていることからシーズンになると朝早くから多くの人で釣り場がにぎわいます。

そんな人気釣りスポット糸島のエギングポイントをまとめて紹介していきます!

 

 

野北漁港

糸島エギングの人気ナンバーワンとの呼び声も高い、人気釣り場の野北漁港。

足場が安定しており、堤防のどこからでもイカが狙え釣果も文句なしの、エギングにもってこいの釣り場です。

中でも特にイカが釣れやすいのは、堤防先端付近、堤防つけ根の岩礁帯の2箇所で野北でも人気ポイントになってます。

先端付近はエギングだけでなく他の釣りでも人気で競争率はかなり高いですが、イカの釣果も手堅い場所です。

藻が少ないのでエギングがしやすく、回遊のアオリイカが入ってくるので釣果も安定しています。

先端に入れないときは堤防のつけ根の岩礁帯でもイカは釣れます。

藻が生えているので春先などは産卵のためにイカが寄りやすく、キロアップの良型も上がっています。

しかし、藻場は根掛かりもしやすく取り込みも難しいので、シャロータイプのエギを使うなど釣り方には少し工夫が必要です。

野北漁港は有名であるがゆえに地元のエギンガーも多く集まるので、釣れないときは周りの釣り人と情報交換したりすると糸島の旬の情報を手に入れることができます。

 

 

 

 

西浦漁港

糸島の北東部に位置する西浦漁港は、糸島の中でも有望なエギングポイントです。

エギングでは野北漁港に勝るとも劣らない人気があり、多くのアングラーの選択肢に必ず入っています。

堤防外側に多くのテトラが沈めてあるためベイトが豊富で、そこについた小魚を捕食しようとイカも寄ってくるので魚影も濃いです。

 

西浦漁港は北側堤防、南側堤防、漁協前の船着場の3ヶ所が主なポイントです。

一番人気は南側堤防で水深があるのでアオリイカの回遊が狙いやすく、春のシーズンになるとキロアップも普通に釣れます。

テトラの先に藻が生えているので産卵のために良型イカが寄りやすく、春の産卵の時期は2キロほどのアオリイカが定期的に上がっています。

藻場はボトムを取ると根掛かりも多いので、シャロータイプのエギでゆっくり誘うのが釣りやすくておすすめです。

北側堤防は水深が浅く回遊は狙いにくいので、テンポ良く広範囲に探っていくと釣果に繋がります。

堤防外側にはテトラが並んでいて中上級者向きなので、初心者は安全性を重視して足場が良い堤防内側がおすすめです。

常夜灯もあるのでナイトゲームでイカを狙うことも可能です。

 

 

 

 

福の浦漁港

福の浦漁港は糸島半島の西に位置する漁港で、唐津湾の西側から潮に乗って流れてきたイカが最初にたどり着くポイントです。

駐車場・トイレ・自販機完備で足場がよく、常夜灯もあるので、糸島の中でもエギング初心者に優しい釣り場です。

釣り場にテトラがないという点もエギングを始めたばかりの人には釣りがしやすく嬉しいポイントです。

釣り場としては、堤防が一本あるだけのシンプルな作りで、ポイントを絞るのが簡単です。

堤防先端と堤防が曲がった部分の外海側が主なポイントで、夜は常夜灯周辺もポイントのひとつに加わります。

堤防先端はエギを遠投して広範囲に探るのが効率的なのでエギは3.5号を基準に選ぶと良いです。

底は砂地なのでアオリイカに加えてコウイカの釣果も上がりやすいです。

釣り場は狭いので、堤防が人で埋まっていれば、別のポイントに移動しましょう。

 

 

 

 

大入漁港

大入漁港は糸島の中でもイカの魚影が濃いことで知られる定番のポイントですが、釣り場環境は良くないので初心者より中上級者向けの漁港です。

足場が不安定な石畳なので釣りにくさはあるものの、外海・内海どちらも釣果が望め、水面が近いのでラインメンディングもしやすく多少の風にも対応できます。

また、釣り場の環境が良くないのもあって人が少なく、エギングのライバルもあまりいないのでイカが釣れやすいです。

大入漁港のポイントはとてもシンプルで、記念碑が立つ石畳の内側と外側です。

水深は石畳の足元は3〜4mくらいですが沖の方は5m以上あるためエギを遠投して釣るのがおすすめです。

海底に藻が広がっているのでボトムを取ると根掛かりも多いですが、春などはイカの産卵場所となっているので良型アオリイカが釣れやすいのもこの釣り場の特徴です。

石畳の足元から地磯にもいけますが、こちらの釣り場はかなり上級者向けなので、地磯に行く場合は、道具・知識ともに安全面を万全にできる方のみにおすすめします。

 

 

 

 

深江漁港

深江漁港は糸島半島の西部に位置する漁港で、2本の堤防に加え、少し離れたところに3本目の波止があるエギングスポットです。

特に3本目の波止はイカが釣れやすく、コウイカ・アオリイカの人気のポイントとなってます。

漁港すぐ横が河口になっており栄養が豊富なためベイトが集まりやすく、そのベイトを追って多くのフィッシュイーターが深江漁港に集まります。

漁港の2本の堤防はエギングでコウイカの実績が高く、エギをスローに引いてくるとコウイカがよく釣れます。

深江漁港1番人気の3本目の波止(3番)はアオリイカの実績が高く、先端付近は回遊系のアオリイカを狙うことができます。

足場がテトラで不安定ですが、人が少なくイカもよく釣れるので深江漁港に寄ったら竿を出しておきたいポイントです。

特に春は、産卵場所も多くあるためコウイカ・アオリイカともに良型サイズがよく釣れるのでおすすめです。

 

 

 

 

さいごに

糸島は野北漁港をはじめとして西浦漁港や深江漁港など良い釣り場が多くイカの魚影も濃いので、エギング初心者にもおすすめの釣り場です。

春にはキロアップのアオリイカも狙え、秋は数釣りが楽しめるので春秋のイカシーズンは積極的に釣りに行ってみてください。

糸島でエギングの腕を磨いたらさらに良い釣り場を求めて遠征にもチャレンジしてみましょう!

 

 

コスパ最強エギングロッド厳選!1万円以下の安いものも紹介 コスパ最強エギングリール紹介(2021年最新)初心者におすすめの安いリールはこれだ 福岡県エギングポイント紹介!アオリイカを狙うならここがおすすめ 佐賀県呼子のエギングポイント紹介!アオリイカ狙うならここがおすすめ 長崎エギングポイントまとめ!おすすめ釣り場から穴場まで紹介