長崎エギングポイントまとめ!おすすめ釣り場から穴場まで紹介

九州の中でもエギングポイントとしてダントツの人気を誇る長崎県。

休日ともなれば他県からも多くのエギングアングラーが集まり、漁港や地磯はアオリイカを狙う釣り人がたくさんいます。

しかし最近では釣り人口の増加や環境問題にともないアオリイカのポイントや釣れる時期も変わりつつあります。

そこで今回は長崎をホームとする筆者が、年間通してアオリイカが安定的に釣れる釣り場を紹介します!

 

 

黒潮港

黒潮港は松浦火力発電所の東側に位置する港です。

火力発電所から温排水が出ているため冬でも水温が高く、アオリイカの溜まるポイントとなっています。

冬に3キロクラスも毎年釣れておりエギンガーやアジの泳がせ釣りの方が多いのでポイントの競争率はかなり高めです。

アベレージサイズも大きく型を狙うなら冬から春にかけてとてもおすすめです。

 

港先端の釣り場が1級ポイントで、先端のポイントを確保出来れば高確率で釣果を上げることができます。

水深はありますが流れも緩やかなためシャロータイプのエギでゆっくり探るのが効果的です。

先端に先行者がいる場合は湾内の護岸か発電所側の波止でも釣りができます。

湾内側も実績は充分で状況によっては湾内側で良く釣れる時もあるので、釣り人がいなければ黒潮港全ポイントを釣り歩くことをおすすめします。

 

 

 

 

福島漁港

大瀬戸にある福島漁港はアオリイカの数も多く型も狙えるポイントのため大人気の堤防です。

松島との水道に面しているので魚影も濃くアオリイカの数は圧倒的です。

秋でも回遊にあたれば良型サイズが連発し、真冬でも2キロクラスのアオリイカがつれます。

 

堤防が複数ありますが、一番大きなL字型の堤防がアオリイカの実績が高いです。

特に堤防根元のシャローエリアから中央の階段までのポイントを釣り歩くと良く釣れます。

沖向きはサイズが狙え、湾内側も堤防根元から先端までシャロータイプのエギで丁寧に底を取って探っていくと釣れることが多いです。

 

4月から8月中旬まではアオリイカの禁漁期間となっているので注意が必要です。

あと足場が高く大潮の干潮時は5mのタモがとどかないので6m以上のタモを持っていくようにしてください。

 

 

 

 

江切港

こちらも大瀬戸にあるエギング人気ポイントの江切港。

少し奥まった港ですがアオリイカはもちろん青物も回遊することからルアーマン人気の場所です。

堤防が2本と港の両サイドに地磯があり、アオリイカの実績十分なポイントです。

 

 

左側の堤防は右の短い堤防との間でよくアオリイカが釣れます。

狙い目としては堤防中央にロープが入っておりアオリイカがついていることがあるので、ロープ沿いをシャロータイプのエギでゆっくり探るのが効果的です。

堤防先端は水深が深く回遊のアオリイカが狙えるので、ノーマルタイプかディープタイプのエギがおすすめです。

 

右側の短波止は、春になると藻が海底に転々とするので産卵期の良型アオリイカが期待できます。

ノーマルタイプのエギであまりダートさせずイカに見せつけるように釣るのが効果的です。

足場が高いうえ釣り座も狭いので少し注意が必要です。

 

 

右側の地磯は江切港で1番人気のポイントで、春は藻場エリアになるため良型アオリイカの実績があります。

短波止側は水深があり右にいくほど浅くなり、特に右のシャローエリアの満潮前後は期待大です。

シャロータイプのエギでゆっくり探るのが効果的です。

短波止側は秋に数釣りが楽しめるので、大遠投して底をしっかり取りましょう。

 

 

左側の地磯は奥まった場所にあるので見逃しがちですが、アオリイカが結構入ってくるので必ずチェックすることをおすすめします。

水深は浅いのでシャロータイプのエギで広範囲に探りましょう。

春は藻場エリアになるので3キロ近いアオリイカが狙え、秋は数釣りを楽しむことができます。

 

 

 

 

伊王島エリア

伊王島は堤防や地磯が数多くあり足場もいいことから県内でも人気のエリアです。

今回はフェリー乗り場の防波堤と海水浴場の石波止、伊王島の先端にある地磯を紹介します。

 

フェリー乗り場防波堤

伊王島に釣りに行ったらまず立ち寄りたいのがフェリー乗り場横の大きな防波堤です。

堤防の先端に行くほど水深が深くなり潮通しも良いので季節問わずアオリイカが狙えます。

エギングはもちろんファミリーフィッシング、カゴ釣り、底物狙いの釣り人が多いので場所の競争率は高めです。

 

こちらの防波堤のエギングおすすめポイントは堤防の付け根付近です。足元にはベイトが多くアオリイカの数が圧倒的に多いです。

左側の長く続くテトラから沖に向かって20メートル付近から深くなっており防波堤からテトラの駆け上がりのラインを狙うといいでしょう。

沖から探っていくとアオリイカがついてきてることが多いので足元まで丁寧にチェックしてください。

 

堤防横のテトラ帯もアオリイカの実績が高いです。

堤防側は水深が浅く春になるとアオリイカがフラフラと泳いでいることが多いので、シャロータイプのエギで探るのがおすすめです。

海水浴場側は水深が深くアオリイカの回遊ルートとなっているので、潮の速さに合わせてノーマルタイプかディープタイプのエギを使って重点的に探ってみてください。

 

 

海水浴場の石波止

海水浴場の両サイドに石波止は、6月から10月の水温が高い時期に実績があります。

左側の石波止は目の前に大きな地磯あるのでスルーしがちですが、石波止左の地磯の駆け上がりのラインでよくアオリイカあたるので穴場的なポイントとなってます。

地磯に行く前にチェックする価値があるので見逃さないようにしましょう。

 

 

伊王島先端の地磯

伊王島先端の地磯は、沈み瀬が転々としているため根がかりには注意が必要ですがアオリイカの数はかなり多いです。

秋になると見えイカが多くいることも珍しくなく数釣りもできます。

春は藻場が広がり良型のアオリイカを狙うことも可能です。

うまく根がかりしないように根の間や藻場の間をシャロータイプのエギで引いてくると高確率でアオリイカがヒットします。

 

 

 

 

さいごに

今回は長崎のエギングポイントを紹介しましたが、釣り場選びに困っている方は参考にしてみてください。

ここ以外にも長崎には良いエギングポイントがたくさんあるので、いろいろ釣りに行ってみて自分だけのポイントを見つけましょう!!