シーバスにおすすめのナイトゲーム用ルアーを紹介!実績抜群のルアーで夜のシーバスを攻略

警戒心が非常に高く、日中にはなかなか釣れてくれない難しいターゲットのシーバス。

明るい時間に釣ろうと思うとなかなか骨の折れるターゲットですが、夜になると警戒心も薄くなりルアーに素直に反応するようになります。

ランカーサイズのデカいシーバスも夜であれば釣れやすく、サイズを狙うならナイトゲームはおすすめです。

そんなシーバスの釣りやすいナイトゲームにおすすめのルアーをまとめて紹介していきます!

 

 

ラッキークラフト ワンダー80

ナイトゲームといえば表層をゆっくり巻けるシンキングペンシルは必須です。

ラッキークラフトのワンダー80はシンキングペンシルの中でも元祖的な立ち位置で、ゆっくり巻いて使うとシーバスがよく釣れる実釣性能に優れたルアーです。

流れに乗せて漂わせるドリフトにも効果的で姿勢が水平を保ってくれるのでシーバスに見切られづらくスレたシーバスにも効果的です。

今でもバリバリ現役のルアーなので、ナイトゲームでよく釣れるルアーが欲しいという方におすすめです。

 

 

 

 

ダイワ スイッチヒッター

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥1,601 (2022/12/06 21:55:12時点 Amazon調べ-詳細)

ダイワのスイッチヒッターもシーバスでは定番のシンキングペンシルです。

これも基本的には投げてゆっくり巻くだけでシーバスがよく釣れるので初心者にも扱いやすく、ナイトゲームをするならひとつは持っておきたいルアーになります。

飛距離も出るので広範囲にサーチでき、河口のような広いポイントでも問題なく使うことができます。

ベイトのサイズに合わせて冬から春は65S、それ以降は85Sや105Sをメインに使ってみてください。

 

 

 

 

ダイワ ガルバ

ダイワのガルバはファットなボディに小さなリップがついた特徴的なシンキングペンシルです。

表層から20センチほどのレンジをキープして巻いてこれるのでナイトゲームにピッタリで、表層にベイトが浮いている時などにはかなり効果的です。

リップが水を噛んでくれるので風が強い時でもしっかり泳いでくれて、ひとつ持っておくと荒れた状況にも対応することができます。

基本的には87Sをメインにベイトのサイズが小さいときは食わせ重視で73Sを使うのもおすすめです。

 

シーバス用シンキングペンシルおすすめ紹介!アクションと使い方も解説

 

 

ガイア エリア10

created by Rinker
GAIA(ガイア)
¥1,039 (2022/12/07 09:12:55時点 Amazon調べ-詳細)

ガイアのエリア10はナイトゲームで表層をサーチするのに向いたリップレスミノーです。

レンジが30センチまでととても浅いのでナイトゲームにぴったりで、シルエットが細長いのでバチ抜けのときに使うと非常に効果的です。

値段が安いので買いやすく、冬から春のナイトゲームではかなり釣れるので優先的に買っておきたいルアーです。

ナイトゲームでコスパの良いルアーを探している方にはかなりおすすめです。

 

ガイア エリア10のインプレ!おすすめカラーやフックサイズも解説付き

 

 

シマノ サイレントアサシン

シマノのサイレントアサシンはシーバス定番のミノーです。

レンジが20〜80cmと浅めなのでナイトゲームで使いやすく、表層をゆっくり巻くとシーバスがよく釣れます。

飛距離も出やすいのでポイントを選ばず、河口やサーフのような広いポイントでもガンガン使っていけます。

サイズは99Fが最も定番なので初心者におすすめで、あとは季節に合わせてサイズ違いを持っておくとベイトに合わせて使い分けができるので釣果も近づきます。

ナイトゲームだけでなくデイゲームでも使えるので1つ持っておけば何かと便利です。

 

サイレントアサシンのインプレ!使い方や特徴も解説

 

 

タックルハウス TKLM

シーバスの元祖系リップレスミノーのタックルハウス・TKLM。

表層から40センチ程を泳ぐレンジの浅いルアーで、ウォブンロールアクションでナチュラルにシーバスを誘います。

風を裂くように飛んでくれるので飛距離も出やすく、発売当時はミノーの中でも飛距離が圧倒的でした。

見た目も昔っぽい雰囲気で可愛いので、歴史のあるルアーを使いたいという方におすすめです。

 

シーバスミノーおすすめ厳選!サイズやカラーの選び方も解説付き

 

 

タックルハウス ローリングベイト

ローリングベイトは名前の通りローリングしてナチュラルにアピールする人気ルアーです。

アピール力は強くはありませんが食わせ能力が高くピンポイントでシーバスを狙うのに向いています。

ナイトゲームではゆっくり巻いたり流れに乗せてドリフトさせるとシーバスの反応が良く釣果も出やすいです。

デイゲームでもよく釣れるルアーなので持っておいて損はありません。

 

 

 

 

ダイワ ミドルアッパー

ナイトゲームで反応の薄いスレ気味のシーバスを釣るにはワームを使うのがおすすめです。

ワームはナチュラルなアピールをするので食わせ能力に特化しており、ピンポイントで使うのに向いています。

橋脚のような人気ポイントでもワームがあれば攻略しやすいので最終兵器として持っておくと心強いです。

ミドルアッパーは値段が安くよく釣れるので、とりあえずワームを試してみたいという方におすすめです。

 

シーバスワームおすすめ紹介!カラーの選び方からアクションの付け方まで解説

 

 

DUO マニック

created by Rinker
DUO(デュオ)
¥1,547 (2022/12/07 12:39:04時点 Amazon調べ-詳細)

冬から春にかけてナイトゲームでシーバスを狙うならバチ抜けのタイミングで釣るのが一番釣果に期待できます。

DUOのマニックはバチ抜け定番のシンキングペンシルで、表層付近をゆっくり巻くとシーバスがバチと勘違いして食いついてきます。

産卵後のシーバスはバチを活発に捕食しているので釣りやすく、釣り方に慣れてくると2桁釣果も目指せます。

バチ抜けは大潮の日に起こりやすいので、目星をつけて釣り場に通ってみてください。

 

 

 

 

ガンクラフト ジョインテッドクロー

created by Rinker
ガンクラフト(GAN CRAFT)
¥5,292 (2022/12/06 20:29:43時点 Amazon調べ-詳細)

ジョインテッドクローは晩秋のベイトが大きくなった時期に使いたい定番ビッグベイトです。

秋は産卵を控えたシーバスが落ち鮎やコノシロを積極的に捕食しているのでデカいルアーへの反応が良くビッグベイトが活躍してくれます。

見た目がリアルなのでシーバスの反応もよくスレた場所にも強いので、スレ気味な秋のシーバスを釣るのに有効です。

飛距離はあまり出ませんが届く範囲ではしっかりシーバスを連れてきてくれるので、小中規模河川などで使ってみてください。

 

 

 

 

さいごに

シーバスは非常に警戒心が高く釣るのが難しいターゲットですが、ナイトゲームになるとルアーへの反応も素直になるのでとても釣りやすくなります。

警戒心の高いランカーシーバスもナイトゲームなら釣れる確率が上がるので、デカいシーバスを狙うなら夜中メインで釣りをしてみてください。

ナイトゲームを攻略できればシーバスの釣果も目に見えてアップするので、釣り場に通いこんで夜の釣り方をマスターしましょう!

 

 

シーバスのデイゲーム用ルアー紹介!実績バツグンの釣れるルアーを厳選 コスパ最強シーバスロッド厳選!初心者におすすめのロッドはこれだ コスパ最強シーバスリール厳選!初心者にもおすすめの安いリールはこれ【2022年最新版】 シーバス初心者が揃えるべき道具一式を紹介! シーバスが釣れない理由はなぜ?原因を知って釣果アップを目指そう!