レベルバイブのインプレ!使い方や種類ごとの使い分けについて紹介

レイドジャパンから出ている人気バイブレーションのレベルバイブ。

「レベルバイブは釣れる」という言葉を耳にすることも多いルアーですが、ひとことにレベルバイブといっても様々な種類があり、最初からうまく使いこなすのは大変です。

そこでこの記事では、レベルバイブの使い方やタイプごとの使い分けを紹介していきます!

 

 

レベルバイブの特徴

レベルとは日本語で水平という意味で、その名の通りリトリーブ中の水平姿勢にこだわったのがレベルバイブです。

水平姿勢ならではの根掛かりの少なさと小型バイブレーションなのに遠投できる、そして見た目の良さもこのルアーの魅力です。

一般に発売されているバイブレーションのデメリットをメリットにした万能ルアーと言えるでしょう。

 

 

 

 

レベルバイブの使い方

タダ巻き

レベルバイブの使い方は主にタダ巻きです。遠投性能をいかして広範囲のリサーチとして使用でき、効率よくバスを引き寄せてくれます。

高速巻きにも対応しており、地形がフラットなフィールドはもちろん、ストラクチャーに当てながらの高速巻きでリアクションバイトを誘うことも可能です。

タダ巻きのコツとして、中層を引いてきたり、ボトムより少し上に浮かせて引いたりと、これらのレンジを一定のリトリーブスピードでタダ巻きするのがコツになります。

フィールドの水深やストラクチャーの有無によっては、タイプ別でレベルバイブを使い分けすることをおすすめします。後ほど、タイプ別の解説もしますので参考にしてください。

 

リフト&フォール

レベルバイブは巻きはじめの立ち上がりがよく、ボトムでの姿勢も良いことから、リフト&フォールに適したルアーでもあります。

ルアーが着底したらロッドを持ち上げてリフトし、糸ふけを出してフリーフォールというのを繰り返します。

リフトしたときの高さやテンポは状況に応じて探っていきましょう。

姿勢が良いおかげで根掛かりも少なく、他のバイブレーションと比べても快適に扱うことができるので使い心地は抜群です。

 

ダブルフックで根掛かり軽減

レベルバイブは、そのままのフックでも根掛かりは少ない構造になってますが、ダブルフックに交換することで更に根掛かりを軽減させることができます。

ボトムにあきらかな障害物がある状況では効果的です。

ただし、フッキング率は少なからず悪くなるのでフィールドに応じて使い分けるようにしましょう。

 

 

 

 

レベルバイブの種類ごとの使い分け

レベルバイブにはさまざまな種類があります。各種類の特徴や使い分けを解説していきます。

レベルバイブ(スタンダード)

・全長:54mm、ウエイト:3/8oz
スタンダードタイプのレベルバイブは巻きはじめの立ち上がりが非常によく、スローリトリーブから高速巻きまで幅広く対応できます。

立ち上がりが早い特性を活かしてメタルバイブのようなリフト&フォールも得意です。小規模野池で使用することが多いタイプになります。

 

レベルバイブビッグ

・全長:64mm、ウエイト:5/8oz
レベルバイブビッグはスタンダードタイプのサイズアップバージョン。

スタンダードタイプでも十分な飛距離はありますが、ビッグはさらに飛距離がでます。

大規模野池やリザーバーなど広いフィールドでの使用がメインになります。

 

レベルバイブカウンター

・全長:54mm、ウエイト:3/8oz
レベルバイブカウンターはラトル音が大きくアピール力があるのが特徴です。基本的なスペックはスタンダードタイプと同様。

小規模フィールドではややアピール力がありすぎるので、大規模野池などのフィールドに適してます。

雨後の濁りが入った状況に出番が多いです。

 

レベルバイブサイレンス

・全長:54mm、ウエイト:3/8oz
レベルバイブサイレンスはノンラトルタイプになります。スペックはスタンダード同様です。

ノンラトルなのでアピール力は控えめでスレているバスに効果的です。ハイプレッシャーな人気フィールドで釣りをするなら必ず持っておきたいタイプになります。

スタンダードタイプ、カウンタータイプ、サイレンスタイプの3種類のレベルバイブを各1つずつ持っておけば、状況に応じて使い分けることが可能です。

 

ブーストタイプ

・全長:38mm、ウェイト:5g、7g
・全長:46mm、ウェイト:9g、11g

ブーストタイプは細身のシルエットとコンパクトな形状が特徴。

どちらかというと、メタルバイブのような使い方が主になります。

一般に販売されているメタルバイブと比べて、レベルバイブブーストの方がやはり立ち上がりが非常によく、タダ巻きやリフト&フォールに関してもブーストの方が扱いやすいです。

 

ブーストタイプ(ヘビーウェイト)

・全長:60mm、ウエイト:14g、18g
ブーストタイプ(ヘビーウエイトモデル)はウエイトを活かした遠投が可能。

大規模フィールドに適してます。注意点としては遠投の場合、リフト&フォールが難しく、タダ巻きがメインになってしまいます。

もう一つの使い方は、ちょっとしたウィードエリアの攻略に使用します。

ヘビーウエイトモデルはヘビークラスのロッドが使用可能で多少のウィードなら回避可能です。

テキサスリグを使用しても釣れないときは、ヘビーウエイトモデルを使用すると反応を得ることができます。

 

 

 

 

レベルバイブのおすすめカラー

レベルバイブのカラーバリエーションは各タイプによってさまざまで、何種類ものカラーが発売されてます。

ここでは、「スタンダード」「サイレンス」「カウンター」3つのタイプの中から各1つずつ、おすすめのカラーを紹介します。

ピンクバックチャート

created by Rinker
レイドジャパン
¥1,760 (2022/08/09 03:55:14時点 Amazon調べ-詳細)

ピンクバックチャートは実績が1番多く信頼しているカラーです。

アピール力の強いピンクとチャートの組み合わせで、濁りの入った状況にも対応可能です。

 

サイケギル

created by Rinker
RAID JAPAN
¥1,815 (2022/08/09 03:55:15時点 Amazon調べ-詳細)

サイケギルは水質がクリアなフィールドに適してます。ラトル音が無く、ナチュラルなカラーなのでスレたバスに効果があります。

ハイプレッシャーな人気フィールドでレベルバイブを使うならサイレンスタイプがおすすめです。

 

漆黒

漆黒はその名の通り、真っ黒なカラーです。黒は水中ではっきりとシルエットが出るので、濁りがあるフィールドに適してます。

濁っていてもバスに見つけてもらえるカラー、そしてラトル音でのアピール力を使って濁りのあるフィールドを攻略していきましょう。

 

 

 

 

さいごに

レベルバイブは「遠投性能」、「操作性能」、「根掛かり低減」これらを持ち合わせた魅力的なルアーです。

バイブレーションというルアーのカテゴリーだけでは収まらない、レベルバイブならではの使い方をぜひ、体験してみてください。

また、タダ巻きでも繊細なアクションをしてくれるので初心者にも最適なルアーになってます。始めはどのタイプを購入してもよいので、1つはタックルボックスに入れておきましょう。

 

 

バス釣り最強ルアー激選!初心者にもおすすめの爆釣ルアーはこれだ! バス釣りワームおすすめ激選!初心者にも人気のワームをまとめて紹介 コスパ最強バス釣りスピニングロッド厳選!初心者にもおすすめの安いロッドはこれだ コスパ最強バス釣りスピニングリール紹介(2022年最新)初心者にもおすすめの安いリールはこれだ バス釣りに使う道具一式を紹介!初心者におすすめの道具はこれだ