ソウルシャッドのインプレ!サイズ・重さや使い方、おすすめカラーを紹介

ジャッカルが発売している人気シャッドルアーのソウルシャッド。

リトリーブの安定性と使い心地の良さ、バリエーションの豊富さからバス釣りをする人なら知らない人の方が少ないド定番ルアーとなってます。

そんな定番ルアーのソウルシャッドのサイズや重さ、使い方からおすすめカラーまでまとめて紹介します!

 

 

ソウルシャッドのサイズ・重さ

ソウルシャッドは7商品、サイズは45mm、52mm、58mm、62mm、68mmの5種類がラインナップされています。

さらに同じボディサイズでレンジ違いのSRやDR、DDRがあります。全てサスペンドタイプです。

各サイズの重さとレンジを下記のリストにまとめました。

  • 45SP・・・・45mm / 2.7g / 1.0m
  • 52SP・・・・ 52mm / 4.0g / 1.2m
  • 58SP・・・・ 58mm /5.5g / 1.5m
  • 58SR-SP・・・58mm / 5.0g / 1.0m
  • 62DR・・・・ 62mm / 6.2g / 2.0m
  • 62DDR ・・・ 62mm / 6.8g / 2.5m
  • 68SP ・・・・ 68mm / 9.0g / 1.8m

オリジナルは58mmサイズです。サイズの選択はまずこのサイズから選ぶといいでしょう。

小規模エリアの陸っぱりなど根がかりが気になる場合は45mmや52mm、58SRの浅いレンジのタイプがおすすめです。

 

 

 

 

ソウルシャッドの使い方

ソウルシャッドは様々なアクションに対応したシャッドルアーです。

基本的にはサイズが変わっても使い方はあまり変わらないのでレンジ、ベイトに合わせてサイズを変えていくのがおすすめです。

サイズに困った時は58SPを基準に選ぶといいでしょう。

基本はただ巻き

ソウルシャッドはただ巻きをメインに、中層を泳がせる、ボトムにあてながら攻めていくことがおすすめです。

そして様々なスピードに対応するため状況に応じて引くスピードを変更していくとバイトが得やすいです。

リトリーブスピードはデッドスロー、通常、高速の3段階を基準に、巻くスピードはリトリーブ中には変えず、キャスト単位で変更していきましょう。

 

高速巻き

ソウルシャッドは直進性が高いので、高速巻きが他のシャッドルアーより安定しやすいです。

「これは追いつけないかな」くらいのスピードで通していくことがバスの捕食スイッチを入れてくれます。

気づいてから振り向かえる合間を与えないくらいのスピードがキモです。

中途半端なスピードにならない様、早いリトリーブを意識しましょう。高速巻きはハイプレッシャーエリア、サイトでの利用が特に実績が高いです。

 

トゥイッチ・ジャーキング

ソウルシャッドはロッドアクションにも素直に反応してアクションしてくれるレスポンスの良さも魅力です。

ロッドアクションでは動いて止まるのメリハリがはっきりしやすいので活性が低い時期にも効果的です。

潜行レンジが上がりやすいのでトレースするレンジに注意し、ルアーのアクションもキャストする前に見える範囲で確認してから使いましょう。

アクションを止める時はラインにテンションをかけずルアーを完全に止めることを意識し、活性が低い時はストップの時間を長めにするとバイトも得やすいです。

 

ソウルシャッドを使う上での注意点

ソウルシャッドは様々なアクションに対応した使いやすいルアーですが、性能をしっかり発揮するためにいくつか注意が必要です。

1つめはフック交換についてで、ソウルシャッドは繊細なルアーなのでフックサイズの交換でもバランスは変わってきます。

そのため、重さのバランスがくずれると絶妙なアクションを損ねてしまう可能性があるので注意が必要です。

ジャッカルの公式サイトに採用されているフックが掲載されているので、交換する際には重さなどを参考にしましょう。

 

2つ目はラインについてで、陸っぱりではラインブレイク対策のために太めのラインを使う事が多いですが、ソウルシャッドに太すぎるラインはアクションをおさえてしまいます。

またフロロの太いラインなどの利用の場合、サスペンドせずにゆっくりフォールしてしまう場合があるので、太くても8lbくらいまでに抑えましょう。

ラインブレイク軽減には、細いラインに柔らかいロッドの組み合わせがラインブレイク防止につながります。スピニングにULのロッド、4lbライン〜ベイトフィネスMLのロッドに8lbくらいがおすすめです。

 

3つ目はソウルシャッドのアピール範囲ですが、ソウルシャッドのアピール範囲はそこまで広くありません。

その分、プレッシャーを与えにくいルアーといえますので、同じ様な場所でも何度もトレースしてみましょう。

サイトでも2、3投で反応がなくても10投くらいでバイトしてくることもあります。

同じストラクチャーでも両端、中心、その間と細かく攻めていくことを意識しましょう。多い時には同じポイントをコースを少しずつ変えながら30投以上でバイトが得られることもあります。

何度も通すことがひとつのアプローチ方法であることを覚えておきましょう。

 

 

 

 

ソウルシャッドのおすすめカラー

ソウルシャッドは公式サイトで現在45種類のカラーがラインナップされています。その中から特におすすめしたい3カラーをご紹介します。

YKライムチャート

チャート系のカラーでバスにも人にも視認性の高いカラーです。クリアボディと蛍光カラーが水の濁りが強い場所でも存在感を示してくれます。

クリアレイクからマッディな野池まで使いやすいカラーです。クリアレイクではサイトでの高速巻きがおすすめです。

 

弱光ギル

created by Rinker
JACKALL(ジャッカル)
¥1,579 (2022/12/06 21:02:42時点 Amazon調べ-詳細)

程よいフラッシング効果が期待できるカラーです。フラッシングでアピールしつつ、魚に似せたカラーなのでよりナチュラルに誘えます。

高速巻きでもロッドアクションでの誘いでも使えるカラーです。

野池でもブルーギルの多いポイントでも反応が得やすいので、状況が分からない時にはまず使いたいカラーです。

 

コットンシャッド

ホワイト系の中でも背中にピンクラインが入った視認性の高いカラーで、サイトでも見やすいカラーです。

膨張色で見切られにくいのでクリア〜ステイン程の水での使用がおすすめです。

またマッディ系の水でも黒系の濁りがある野池などでは使い勝手がいいです。水質と天気に合わせてチョイスしたいカラーです。

 

 

 

 

さいごに

ソウルシャッドは程よい引き抵抗と安定した直進性で使い心地の良いルアーです。

また発売から今まで、定番と言われるまで安定の釣果を出してきたソウルシャッドは初心者から上級者までタックルボックスに入れておきたい万能ルアーです。

冬の低温期、夏のサイト、春のシャロー攻略と季節に合わせていつでも使えるルアーですので、ソウルシャッドの使い方をマスターしてオールシーズン釣果の安定したバス釣りを楽しみましょう!

 

 

バス釣り最強ルアー激選!初心者にもおすすめの爆釣ルアーはこれだ! バス釣りワームおすすめ激選!初心者にも人気のワームをまとめて紹介 コスパ最強バス釣りスピニングロッド厳選!初心者にもおすすめの安いロッドはこれだ コスパ最強バス釣りスピニングリール紹介(2022年最新)初心者にもおすすめの安いリールはこれだ バス釣りに使う道具一式を紹介!初心者におすすめの道具はこれだ