ドライブシャッドのインプレ!使い方やサイズの使い分け、人気カラーを紹介

OSPより発売されている人気シャッドテールの「ドライブシャッド」。

スイムさせても良し、フォールさせても良しの器用なワームで、上手く使いこなせばバスの釣果アップに大きく期待できます。

そんな人気ワームのドライブシャッドの使い方とおすすめカラーを経験をもとにご紹介します。

 

 

ドライブシャッドの使い方

ノーシンカー

ドライブシャッドのフリーフォールはすでに皆さんもご存じかと思いますが、オフセットフックを使ったノーシンカーリグで使用します。

使い方はいたってシンプルで、キャストして着水後にラインのテンションを張らずにフリーフォールさせるだけです。

それだけで、ボディーをクネらせながらテールがパタパタと勝手に動きフォールしていきます。

他メーカーではただ巻きでのバイトしか得られなかったシャッドテールがドライブシャッドはフォールでのバイトを誘うことが可能なんです。

もちろん、着水後のフリーフォールだけではありません。

キャストからリトリーブしてくる間にストラクチャーがあれば、リトリーブを止めてフォールさせる。これを意識するだけで格段に釣果が上がります。

リトリーブには反応しなかったバスもフォールには反応してくることが良くあるので、積極的に使っていきましょう。

 

ノーシンカーのドライブシャッドはバジングもできます。朝マズメ、夕マズメの表層引きは鉄板です。

ぼくの釣行は野池が多いですが、護岸や岸際の表層をピロピロピロと巻いてくる釣り方がやはり一番釣れます。

 

ノーシンカーのドライブシャッドはスキッピングも可能になります。

オーバーハングの下へ入れ込み、そのままフリーフォールさせる。

ドライブシャッドはテールが付いててスキッピングがしづらいイメージがありますが、意外にもスキッピングしやすいです。

 

このようにドライブシャッドのノーシンカーは釣り方のバリエーションが豊富なのが魅力的です。

トップ、中層、カバー打ち、フリーフォールといった使い方があれば、ある程度のシチュエーションに対応できるので、ぼくは必ずタックルバッグに入れてます。

 

 

ジグヘッドリグ

ジグヘッドリグは中層よりも下を巻きたいときに使用します。

ノーシンカーでも巻いてこれないことはないですが、どうしても浮き上がりぎみで水中姿勢も悪くなりがちです。

ジグヘッドを使用すると、ノーシンカーと比較してアクションが若干変わります。

ドライブシャッドの頭側におもりがあるので頭の振りが弱くなり、逆にテールの振りが大きくなります。つまり、アピールが大きくなるということです。

 

 

テキサスリグ

ドライブシャッドをテキサスリグで使えばカバー撃ちやボトムスイム、飛距離を稼ぐなどいろいろなことが可能ですが、1番の定番は3.5gのシンカーを使ったライトテキサスになります。

ボディを上下逆にセットすることで、よりスローに巻く事ができ、不規則なチドリアクションでバイトを誘います。

 

 

 

 

ドライブシャッドの重さ(サイズ)

サイズ別のウェイトとフックサイズは以下になります。

サイズ ウェイト 推奨フックサイズ
3.5インチ 約7g 1/0
4インチ 約10g 3/0
4.5インチ 約16g 5/0
6インチ 約25g 6/0-7/0

3.5インチ

ドライブシャッド3.5インチの使い方は主にスピナーベイトやラバージグのトレーラーとして使用することが多いです。

あとは、プレッシャーの高いフィールドではノーシンカーで使います。サイズが大きくなると着水音も大きくなるため、3.5インチを使って静かにアプローチします。

もう一つは、テキサスリグや直リグを使用してのズル引きに使います。

ズル引きのスピードはその名の通りズルズルとゆっくり引いてくるイメージですが、たまにパンパンとアクションをつけると効果的です。

 

4インチ

ドライブシャッド4インチの使い方は3.5インチとそこまで変わりはないです。

意識するところは、合わせるシンカーやジグの重さ。

フィールドの水深やカバーの濃さでシンカーやラバージグの重さが変わることで、フックのサイズも変わりますよね?

その状況に合わせたフックのサイズにドライブシャッドの大きさも合わせるということです。

 

4.5インチ

ドライブシャッド4.5インチは、ぼくの中で1番使用しているサイズになります。

610Mのロッドに合わせると非常に操作しやすく、バスの反応も良いので手持ちが無くならないように常に買い足している状態です。

使い方は、ノーシンカー・ラバージグのトレーラー・テキサスリグ・直リグなど、いろいろなジグに使用できますが、僕が1番使用しているのはノーシンカーです。

理由はドライブシャッドならではのフリーフォールの動きが絶妙なところです。

ただ巻きだけでなく、「止められる」というところが重要で、ドライブシャッドを追いきれないバスに対して効果的です。

注意点としては、ラバージグやスピナーベイトのトレーラー、テキサスリグに使用するときはルアー全体の重さに注意が必要です。

場合によってはロッドをMではなくMHに変えた方が操作性が良くなりますので、状況によってはロッドのスペックも変えていきましょう。

 

 

6インチ

ドライブシャッド6インチは、他のサイズと比べて非常にボリュームがありますが、泳ぎはナチュラルなロールアクションで見切られづらいのが特徴です。

その特徴を活かして冬から春のスポーニングの時期にかけて使われることが多く、スローに巻いてバスを誘います。

ウエイトが25gあるため飛距離も出やすく、広範囲に渡ってサーチすることが可能です。

トレーラーとしての出番はほぼありませんが、ノーシンカーでのスロー巻きや、テキサスリグを使って飛距離とカバー攻略をできるのがドライブシャッド6インチの特徴になります。

ロッドはMHHのロッドを使用します。

 

 

 

 

ドライブシャッドの人気カラー

created by Rinker
オーエスピー(O.S.P)
¥858 (2022/12/06 20:17:17時点 Amazon調べ-詳細)

1つ目のおすすめカラーはグリーンパンプキンペッパーです。

どのワームにも共通して言えることですが、カラーの選択に迷ったらグリパンをおすすめします。

どんな水質でも、ある程度はオールマイティに使えるからです。なので、初めてのフィールドで1種類しか持ち歩けない状況なら迷わずグリパンを使うことをおすすめします。

 

created by Rinker
オーエスピー(O.S.P)
¥858 (2022/12/06 20:17:18時点 Amazon調べ-詳細)

2つ目のおすすめカラーはネオンワカサギです。

比較的クリアな水質のフィールドではこのカラーを使用します。

いろいろなカラーを使いましたが、個人的にこのカラーが1番釣れてるので今ではこの「ネオンワカサギ」カラーに落ち着きました。

 

created by Rinker
OSP / オーエスピー
¥846 (2022/12/06 20:17:18時点 Amazon調べ-詳細)

3つ目のおすすめカラーはコスモブラックです。

水質が悪いフィールドで主に使用します。

シルエットがはっきり見えるので、雨が降ったあとの濁りがあるフィールドにおすすめです。

 

 

 

 

さいごに

ドライブシャッドは数あるシャッドテールの中でも実釣性能に優れているので、どれを使うか迷ったらドライブシャッドを優先的に使ってみてください。

巻きで反応がないときもフォールではバスが食いついてくることが何度もあったので、巻きとフォールをうまく組み合わせながら使っていきましょう!

 

 

シャッドテールおすすめ厳選!バス釣りに外せない定番のものをまとめました バス釣りワームおすすめ激選!初心者にも人気のワームをまとめて紹介 バス釣り最強ルアー激選!初心者にもおすすめの爆釣ルアーはこれだ! コスパ最強バス釣りスピニングロッド厳選!初心者にもおすすめの安いロッドはこれだ コスパ最強バス釣りスピニングリール紹介(2022年最新)初心者にもおすすめの安いリールはこれだ バス釣りに使う道具一式を紹介!初心者におすすめの道具はこれだ