渓流最強ルアーのARスピナーのインプレ!エリア版もあるよ

渓流ルアーの中でも”釣れるルアー”として名高いARスピナー。

私が渓流釣りで初めてヤマメを釣ったのもこのルアーを使ったときでした。

そして、今でもARスピナーは一軍ルアーとして活躍してもらっています。

そんな渓流釣りには外せないARスピナーのインプレを紹介したいと思います!

 

 

ARスピナーの重さ

ARスピナーの重さは1.6g・2.1g・3.5g・4.5g・6gの5つの分かれています。

それぞれの重さの使いどころを紹介します。

1.6g

1.6gは渓流釣りでは少し軽めの重さです。

飛距離が出にくく沈むのも遅いため、水深の浅いポイントを狙うときに使います。

ARスピナーをいくつか買うなら1つ持っておけば便利です。

 

2.1g

2.1gは渓流釣りでは出番の多い重さです。

軽すぎず重すぎないので様々なポイントに対応することができ、使っていてとても便利です。

着水音も控えめで、ムシが落ちてくるのを待っている魚にかなり効果的です。

 

3.5g

3.5gも渓流では出番の多い重さです。

飛距離が出やすく沈むスピードも速めのため、水深のあるポイントなどで使います。

サイズがおおきいぶんアピール力も高いため、広いポイントで使うのも効果的。

 

4.5g

4.5gは渓流では少し重めのウェイトです。

沈むのが早いため水深が深いところで使います。

渓流のなかでもすこし下流の方で釣るときにあると便利な重さです。

 

6g

6gは本流でトラウトを狙うときに使うことが多い重さです。

飛距離が出やすくレンジも深いため、本流で使うには便利です。

本流で釣りをすることが多いアングラーにおすすめ。

 

 

 

 

ARスピナーのおすすめカラー

ARスピナーは多くのカラーがありますが、その中でも実績の高いカラーをいくつか紹介します。

MTCH

created by Rinker
スミス(Smith)
¥800 (2021/10/18 17:51:54時点 Amazon調べ-詳細)

MTCHはARスピナーでもよく使われる定番のカラーです。

黄色が目立つ視認しやすいカラーで、ルアーがどこを泳いているかしっかりと目で追うことができます。

似たような色にRSYLがあるので、在庫がない時はそちらを買うのもおすすめ。

 

 

MEGR

created by Rinker
スミス(Smith)
¥754 (2021/10/18 17:51:54時点 Amazon調べ-詳細)

MEGRはボディ部分がグリーンのカラーです。

渓流釣りではグリーンは良く釣れるカラーなのでこのカラーは外せません。

しかし、人気カラーのためなかなか在庫がないのが欠点です。

見つけたらとりあえずストックしておくのがおすすめ。

 

 

MEGL

MEGLはブレードもボディもゴールドの派手なカラーです。

フラッシングがとても強いので、かなりアピール力は強めです。

しかし、日中の晴天時は目立ちすぎて釣れないこともあるので、曇りの日や濁りがあるとき、夕方などの光量が少ない時に使うのがおすすめ。

 

 

RSFR

created by Rinker
スミス(Smith)
¥702 (2021/10/18 17:51:55時点 Amazon調べ-詳細)

RSFRはボディ部が赤い、アピールカラーです。

渓流釣りでは赤いルアーを使うとサイズの大きい魚が釣れることがあり、持っておくと心強いカラーです。

特に秋の産卵時期には赤いカラーの反応がよくなることがあるので、ひとつあると安心です。

 

 

 

 

ARスピナーの使い方

ただ巻き

ARスピナーの基本的な使い方はただ巻きです。

ただ巻きでブレードが回転してアピールするので、ヤマメがいればむこうから勝手に食いに来てくれます。

泳ぐスピードもゆっくりなので、活性が低いときでも魚のバイトを得ることが可能です。

ARスピナーを使うならただ巻きだけで十分魚を釣ることができます。

 

 

リフト&フォール

ARスピナーのもうひとつの使い方はリフト&フォールです。

狭いポイントで水深が深い時によく使います。

フォール中もブレードが回転しながら落ちていくので、魚に見切られずらく口を使いやすいです。

冬場などは水深の深いところに魚が集まっているので、そういう時にはフォール中心に使ってみてください。

 

 

 

 

ARスピナーが釣れる時期

ARスピナーで良く釣れる時期は春と秋です。

春と秋は魚の活性が高く、水面に落ちてくるものに敏感になっているのでスピナーの独断場になることがあります。

春はムシが飛び始めると魚がムシばっかり意識して、スプーンやミノーに全く反応しなくなることがあるのでスピナーを持っておくことでそのような状況にも対応できます。

 

秋は産卵の時期を迎えて魚の警戒心がかなり高くなるので、スピナーの高いアピール力を活かすことができます。

秋は数釣りができる季節なのでARスピナーを使えば入れ食いになることも多いです。

 

 

 

 

ARスピナーのエリア版

created by Rinker
スミス(Smith)
¥770 (2021/10/18 11:50:21時点 Amazon調べ-詳細)

ARスピナーはバーブレスシングルフックを搭載したエリアトラウト版もあります。

渓流と管釣りは似ているようで少し性質の異なる釣りですが、それでもARスピナーはどちらの釣りでも良く釣れます。

特に放流して間もない活性の高いトラウトにはよく効くので、持っておくと心強いルアーです。

釣具屋に置いてあることは少ないのでネットで買うのがおすすめ。

 

 

 

 

 

さいごに

今回はARスピナーのインプレを書いてみましたが、渓流で間違いなく一番釣れるルアーなのでこれから渓流釣りを始めるという方は是非使ってみてください。

使い方もとても簡単なので、初めて渓流ルアーをするという人でも安心して使えます。

あとはトラウトがいる渓流を探して、このルアーを使って思う存分渓流釣りを楽しみましょう!

 

 

created by Rinker
スミス(Smith)
¥713 (2021/10/18 17:51:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

渓流ルアーおすすめランキングTOP15!実績のあるルアーを厳選して紹介 コスパ最強渓流ルアーロッドおすすめ12選!初心者向けの安いネイティブトラウトロッドはこれだ 渓流リールおすすめ12選!番手やギア比の選び方もまとめて解説!