糸島シーバスポイントをランガン!最後にヒラスズキをゲット

最近シーバスを釣ってないので近場でシーバスを釣ろうと、糸島にやってきました。

糸島はシーバスのポイントが割と限られているので、今回は定番のポイントをランガンしていきたいと思います!

 

 

 

 

加布里湾でシーバスを狙う

まずは、糸島のシーバス定番ポイントにやってきました。

ここは夏場のベイトが浅場にやってきたときに良く釣れてる場所ですが、冬は釣れるのかわかりません。

 

 

 

 

満潮のときは水門のところにシーバスが付いていることがありますが、今日は潮が引いているのでそこも可能性がありません。

試しにルアーを投げていろいろ探ってみましたが、なんの反応もなかったので移動。

 

 

 

 

弁天橋でシーバスを狙う

次は糸島の人気シーバスポイントの弁天橋にやってきました。

ここは小さなワームを使うとセイゴが良く釣れるんですが、良いサイズのシーバスはなかなか釣れません。

いないこともないと思いますが人気ポイントだけあって結構スレてそうです。

先行者がいたのでポイントが空くのを待って釣ってみましたが、シーバスの反応はありませんでした。

とは言っても時期が時期なので、もう少し暖かくなったらシーバスも釣れるかも。

 

 

 

 

加布里漁港でシーバスを狙う

最後はシーバスが良く釣れる加布里漁港にやってきました。

この漁港はセイゴの魚影が濃く、シーバスもたまに釣れるのでシーバスを狙うには良い場所です。

ただ今日は気温が低いのに加え、かなり濁りが入ってて、いつもならそこら中に泳いでいるセイゴすら見えません。

少しだけ釣ってみましたが釣れる気がしないので今日は終了。

この冬場にシーバスを釣るのはなかなか大変です。

 

 

 

 

糸島サーフでシーバスを狙う

翌日、糸島シーバスをリベンジすべくサーフエリアにやってきました。

ここのサーフは下がゴロタになっていて大きな岩も沈んでいるので、シーバス以外にもフラットフィッシュや根魚が釣れるかもしれない良い場所です。

小さなサラシもところどころ見えるので、もしかしたらヒラスズキも釣れる可能性もあります。

ワームを岩の横を通すように泳がせていくと、たまに魚があたる感覚があります。

しかし、なかなか乗らないので少しずつ移動しながらワームを投げ続けます。

 

 

 

 

そんな感じで釣りを続けていくと、周りがだんだん暗くなってきました。

夕マヅメなので、もうそろそろ釣れてくれないかなと思っているとついに魚がヒット!

割と手前でかかったのですぐに寄ってくると思いましたが、意外と引きが強くなかなか寄ってきません。

バラしたくないので強引にリールをごり巻きするとようやく魚の姿が。

 

 

 

 

糸島で釣れたヒラスズキ

引きが強かったので大物かと思いましたが、現れたのは意外と小さなシーバスです。

しかし、魚体を見てみるといつも釣ってる細長いシーバスとは違い、体が平べったくて色も銀色でキレイです。

 

 

 

 

糸島で釣れたヒラスズキ

あごの下にうろこが一列あるので、どうやらヒラスズキで間違いないようです。

こんなところでヒラスズキが釣れるとは思ってなかったのでラッキー(^^♪

 

その後もあたりはあるものの、なかなか乗せられず周りが真っ暗になったので釣り終了。

今回は糸島のシーバスを狙っての釣りでしたが、最後にヒラスズキ(ヒラセイゴ)が釣れたので良かったです♪

 

 

 

 

 

さいごに

今回は糸島のシーバスを狙っていろいろなポイントをランガンしてみましたが、最後にヒラスズキが釣れたので良かったです。

もう少し暖かい時期だとシーバスも釣れやすいのですが、この時期はなかなか厳しいものがあると感じました。

ヒラスズキは引きが強くファイトが楽しかったので、ほかの糸島の地磯なども回ってみようと思いました(^^♪

 

created by Rinker
Owner Hooks
¥470 (2021/08/01 16:47:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

福岡県シーバスポイントまとめ!定番の良く釣れるポイントを紹介 シーバスリールおすすめ紹介!ダイワ・シマノから厳選【2021年最新版】 シーバスルアーおすすめ一軍厳選!初心者向けの安いルアーも紹介(2021年最新版)

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。