レイドジャパン フルスイングのインプレ!使い方やおすすめカラーを紹介

レイドジャパンより発売されている人気シャッドテールのフルスイング。

高比重素材で作られていて飛距離は申し分なく、水平姿勢を保ちながらのテールアクションが魅力的なワームです。

マテリアルが硬めなので針持りが良くコスパも文句なし。そんなフルスイングの使い方を解説していきます。

 

 

フルスイングの重さ

フルスイングのサイズは3.5インチ、4インチ、5インチの3つのサイズがラインナップされてます。各サイズのウエイトと推奨フックサイズは以下を参照してください。

  • 3.5インチ / 約7g / #1/0
  • 4インチ   / 約15g / #4/0
  • 5インチ   / 約19g / #5/0

3.5インチはフルスイングの中では最小サイズでアピールが小さいため、近距離を攻めるときやサイトフィッシングに向いているサイズです。

個人的にはトレーラーとしての出番が多いかなと感じます。3.5インチのウエイトが約7.0gなので、ベイトフィネスタックルを使うと操作性がよいのでおすすめです。

4インチはオリジナルサイズ(5インチ)の形状はそのままで長さを短くしたサイズになります。

岸際やカバー周辺などのバスが居るであろう場所をピンポイントで攻めるときは4インチの使用をおすすめします。

リーリングする際はゆっくり「テロテロ」とリーリングするのがポイント。ゆっくり巻いても沈みにくく安定した姿勢でバスをひきつけます。

フルスイングの中で中間サイズでもある4インチは多くのリグに対応できるので、サイズ選びで迷ったら4インチを購入することをおすすめします。

 

オリジナルサイズでもある5インチは、ゆっくり巻いても水押しが強いのでアピール力があるのが特徴です。

アピール力があるため、広範囲にわたってバスを呼び寄せてくれます。遠投してゆっくり巻けるフィールドであれば5インチがおすすめ。

アピール力が強いとはいえ小規模フィールドでも問題なく使えますし、ビッグバスを呼び寄せてくれます。積極的に5インチを使って50cmオーバーを狙っていきましょう。

 

 

 

フルスイングの使い方

ノーシンカーリグ

1つ目の使い方はノーシンカーリグ。フルスイングを使うときに1番使用率の高いリグになります。

フルスイングは背中側と下腹部でソルトの配合率を変えているので、動きが絶妙でノーシンカーリグが1番適した使い方です。

基本的なリトリーブ方法はタダ巻き。スローに巻いてもアクションが損なわれず、高速巻きにも追従してくれるところがフルスイングの魅力的な理由にもなります。

リールはハイギアだとゆっくり巻いているつもりでも意外に多く巻き取ってしまってる場合がありますので、ハイギアではなく6.3:1くらいのリールを使用するとよいでしょう。

 

もう一つのリトリーブ方法はストップ&ゴー。フルスイングはリーリングを止めたときにピタッと止まってくれるし、巻きはじめも敏感に動き始めます。

フルスイングを追いきれないバスに対して食わせの間を与えることも重要です。

フルスイングはテールで水をかき回すので、スローに巻いても沈みにくい特徴もあります。なので、水面直下をスローに巻くことも可能なワームになってます。

 

ウェイテッドリグ

2つ目の使い方は、ウェイテッドリグ。水深のあるフィールドでレンジ調整をしたいときに使用します。

おすすめのウェイテッドリグは「RYUGI ウェイテッドピアス」。各サイズ0.9g、1.3g、1.8gがラインナップされてます。

レンジコントロールして中層に浮いているバス、ボトムに着いているバスを攻略していきましょう。

 

ウエイト調整にはもう一つの方法があります。それはネイルシンカーを入れることです。

フルスイングの腹部分にはネイルシンカーを入れるところがあります。こまめにウエイト調整するならネイルシンカー、投げ倒すならウェイテッドリグというような使い分けがおすすめです。

 

テキサスリグ

3つ目の使い方はテキサスリグ。カバーを攻略するときや、飛距離をさらに稼ぎたいときに多く使用します。

一般のシャッドテールワームだとカバーを攻めたときに、ワームズレが起きたり破損したりしますが、フルスイングはズレにくく壊れにくいマテリアルです。

なので、濃いカバーでもストレスなく攻めることが可能なシャッドテールワームになってます。

 

トレーラー

4つ目の使い方は、ラバージグやスピナベ、チャーターベイトのトレーラーです。

ラバージグはレイドジャパンより発売されているマスタージグを使うとより一体感が増します。

7gのマスタージグと3.5インチのフルスイングの組み合わせがおすすめです。ブッシュなどのカバーから出してスイミングにシフトしたいシチュエーションにぴったり。

 

スピナベはレイドジャパンより発売されているレベルスピンを使用するのがおすすめ。

スピナベを遠投したいとき、水深のあるフィールドでレンジを調整したいときに使用します。

広大なオープンエリアでアピール力を上げたいときにもフルスイングをトレーラーとして使いますが、3.5インチのフルスイングが1番操作しやすくレベルスピンとの相性がよいと感じました。

 

チャターベイトはレイドジャパンのマックスブレードとの相性がよく、マックスブレード8gならフルスイングの3.5インチ、11gなら3.5インチまたは4インチ、14gなら4インチと使い分けるとよいです。

マックスブレードのブレードとフルスイングのテールが振動を強くさせアピール力がかなり上がります。広範囲のリサーチやシャロー攻略に最適です。

 

 

 

 

フルスイングのおすすめカラー

ホワイトチャート

created by Rinker
レイドジャパン (RAID JAPAN)
¥1,165 (2022/10/02 23:34:20時点 Amazon調べ-詳細)

1つ目のおすすめカラーはホワイトチャート。濁りのあるフィールドに効果的なカラーです。

アングラーからの視認性もよく、バスに対してしっかりアピールしてくれるところがホワイトチャートカラーをおすすめする理由です。

 

グリーンパンプキンシード

created by Rinker
レイドジャパン (RAID JAPAN)
¥935 (2022/10/03 06:02:34時点 Amazon調べ-詳細)

2つ目のおすすめカラーはグリーンパンプキンシードです。

このカラーは濁りのあるフィールドからクリアウォーターまで幅広く使用できるのが特徴です。

カラー選択に迷ったらグリパンカラーを選べば間違いありません。野池での釣果はこのカラーがダントツで釣れます。

常にタックルバックに入れておくのがおすすめです。

 

ダークシナモンシャッド

created by Rinker
レイドジャパン
¥935 (2022/10/02 23:34:20時点 Amazon調べ-詳細)

3つ目のおすすめカラーはダークシナモンシャッドです。

ナチュラルカラーなのでカラーとしてのアピール力は控えめで、クリアウォーターに適したカラーになります。

河川やダムでの釣果が圧倒的に高く信頼できるカラーですが、なかなか手に入りにくいカラーなので見つけたら即購入がおすすめです。

 

 

 

 

さいごに

レイドジャパンのフルスイングは飛距離が出やすく、バスもよく釣れる実力派シャッドテールです。

耐久性が高くハリ持ちが良いのもコスパの点から嬉しいポイントです。

フルスイングを使いこなして広範囲のバスを一網打尽にしましょう!

 

 

バス釣り最強ルアー激選!初心者にもおすすめの爆釣ルアーはこれだ! バス釣りワームおすすめ激選!初心者にも人気のワームをまとめて紹介 コスパ最強バス釣りスピニングロッド厳選!初心者にもおすすめの安いロッドはこれだ コスパ最強バス釣りスピニングリール紹介(2022年最新)初心者にもおすすめの安いリールはこれだ バス釣りに使う道具一式を紹介!初心者におすすめの道具はこれだ